マダムオースカの宝石物語 Vol.155

「秋のオシャレに。パールジュエリーの魅力」 

 秋はいろいろなものが実りを迎え、ワクワクと心も豊かになる季節ですね。そしてお洒落の秋、到来です。さあ秋冬のお洒落に想いを向けてみましょうか。

 昔から多くの女性を虜にしてきたパールジュエリー。今日はこの魅力に迫りたいと思います。

 1930年代を代表するマドモアゼル・シャネルの大胆なパールの重ね着け、50年、60年にはジャクリーン・オナシスの3連パールやグレース・ケリーのドッグネック、続いて70年ソフィア・ローレンの白黒パールの重ね着けなど、時代と共に代表される女性たちによりパールの着こなしが変遷して行きますが、どの時代にも多くの女性から愛され続けているパールジュエリー。

そしてその時代だけでなく今に通じる着けこなしの出来るのがまたパールの素晴らしさです。

つまり流行に左右されない存在感、ではその魅力は何なのでしょう。気品、優しさ、優雅さなど。時には華やかに、時には清楚にさらにはカジュアルシーンにも、その時々の女性が求める自分を表現してくれます。

 

 

 この様に着ける人の魅力を引き立ててくれるパールジュエリーは、フォーマルに留まることなく自分流の着けこなしを楽しんで頂きたいですね。

秋のお洒落のお供に是非加えてくださいね。きっとあなたの心を豊かに満たしてくれますよ。

 


文/『ジュエリー文化』の伝道師
ジュエリーアドバイザー 
マダム オースカ  大須賀睦美
野口英世青春通り 定休日/火曜日・水曜日