2022年のトレンドは?ハンドバック新作発表会!

第13回 袋もの好き集まれ~! OSUKA BAG FAIRのご案内

日時 1月23日(日)・24日(月) 10:00~19:00
会場 ジュエリーオースカ店内

今年も全国に先駆けてハンドバッグの新作発表会を開催いたします。今年一番の充実した品揃えをお楽しみください。それでは早速、今年の見どころをご紹介して参りましょう。

*タイトルに入れている「袋もの好き集まれー」。これはよくご質問を頂くので最初にご説明させて頂くと、応援いただく「枡儀(マスギ)」という会社は300年以上の歴史を持つバッグ屋さんです。昔の小間物屋さんからスタートして今に至っている歴史のある会社です。バッグ好きの私(専務)が「バッグ=袋もの」とイメージしたのもそんな所から来ているのかもしれません。以来、回を重ねること13年このタイトルを冠につけさせて頂いています。

今年もやはり「クロコダイル」人気は廃れません。

 

それに応える様に、新しいタッチのクロコダイルが登場。なんと「墨流し」という着物の染の技法を模した和モダンなイメージで益々普段使いしやすいバッグが登場しました。友禅染のような色抜き(抜染)を、布と違い硬い革に施すのは大変な技術で、どうやって作ったかは企業秘密だそうです。是非ご覧あれ!

 

大型クロコバッグも一枚革で軽さを追求、カッコ良さは最高です。

 

また反対に小振りのクロコダイルバッグは、お財布&携帯機能が充実。バッグインバッグとして大きなバッグから綺麗目カラーのミニクロコが出てきたらとってもお洒落。

 

 

続いて、今年一気に人気が出始めているのが「パイソン」

 

人によっては毛嫌いなさる方もいらっしゃいますが、パイソンは軽さナンバーワン。また、色乗りの良さもパイソンの特徴です。その色乗りの美しさを活かして作られた花柄バッグ。今年はこれに新作が加わり、今までのはっきりした花柄模様から一変、ソフトな優しい色合いが、とっても素敵に優しさを醸し出します。またこのシリーズは、パイソンが苦手な方にも多くお使い頂いています。

 

 

対象的に、パイソンらしさを活かしたワイルドなボディバッグも、ポケットを沢山つけて、なかなか素敵に仕上がっています。

もう一つ「パイソンのアコーン」

 

「どれだけ革使ってんの」って感じのタック採り。デザインはアコーン(どんぐり)をイメージしたという、ぷっくり感で芯を使わず、中にものを入れてから完成する可愛い形です。パイソンって絶対破れないんですよー。ですから中身を沢山入れてご自分の好きなどんぐりに仕上げて下さいね。

今年初お目見えの「マーブルリザード」

 

決まりきった配色でなく、出来上がるまでわからないミステリアスさとワクワク感から生まれる、一点物の楽しさ、ハレーションを起こすような色の組み合わせなど、皆と同じものでなく、自分らしさを好む方に是非おススメです。

お待たせ!「ホースダコタ」にワンランク上のクロコとのコンビネーションタイプが登場!!

馬革の鞣(なめ)しに拘ったホースダコタとは

 

例えば一般的には、洗濯機のようなところに入れて、一日で早く鞣してしまうクロム製法が多い中、あえてプールのような大きな所に圧力を加えずフルベジタブル(タンニン)に長時間付けて置き、ゆっくりと柔らかく革の良さを引き出す、昔ながらの製法で作られています。ですからその人その人で、使い方の変わるエージング(経年変化)を楽しんで欲しいんです。鞣した製品は70%の仕上げで、残りの30%は使いながら自分で作り上げる。そして納得のいくまで使い込んだ後は土に返せる、そんなバッグなんです。何ともノスタルジックですよね。ユニセックスで使えますよ!

もう一つ、お客様の声から生まれたお財布をご紹介

 

 

カードや名刺が24枚入り、通帳や母子手帳も入れられるお財布。もちろんお札も小銭も沢山入れて、さらにミニノートも挟める優れもの。なのに一見お財布っぽく見えない薄型タイプの仕上がりに注目してください。

他にも人気のお財布携帯(携帯も入るお財布)も新作続々登場です。

可愛さでよく売れている人気の「コリーヌ」シリーズ

 

 

 

 

 

クロコダイルでは難しいと言われているカーブをあちこちに取り入れ、可愛い女性らしさを表現しています。色味も柔らかいソフトなトーンが揃っています。バッグとお財布をセットで揃えることが出来る、何ともキュートな「コリーヌ」シリーズは、時代を超えて変わらないモード感と上質感を大切にする、「マダムグレ」の新シリーズです。

お客様の声

60代 H様 女性

「素敵なバッグですね」って、病院の待合室で突然となりの女性に言われました。お気に入りを褒められて思わず「そうでしょ」と嬉しくなっちゃいました。

50代 F様 男性

10年使い込んでいるクロコの財布。お尻のポケットに入れているので、湾曲してツヤボロ(いい感じにツヤが出ているが、両サイドの糸がほつれてボロボロ)。でも愛着があってやめられない、ということで修理に。これがまた復活した時の喜びは、私の人生の中でも(大げさでなく)大きな感動でした。もっともっと長く使いたいと思い、ローテションで使えるよう、もう一つ財布をゲットしました(笑)

40代 S様 女性

まだ早いかなと思いながら買ったクロコダイルのバッグ、「牛革の8倍も強いのよ」と言われて通勤に毎日使っています。たまに別なバッグにすると、「あれっ、バッグは?」って言われるんです。良いものなのに毎日持てるこのバッグは私のアイコンになっているようです。

 

良いバッグを使うのはもったいない?

本当の意味で「もったいない」を失くし、物を大切にするには、仕舞っておかないで使う事です。良いものをだから仕舞っておくではなく(そのうちに使わなくなっちゃいますよ。)どんどん使いましょう。少ない外出もバッグ一つでウキウキ気分になれますよ。使用後のメンテナンス等、何でも聞いて下さいね。

 

特別企画 

『バッグの四隅白くなっていませんか?』 ~バッグのリメイク(作り替え)・修理承ります~

まずはお見積り!

◎昔は大きなバッグに何でも突っ込んで、「このまま何処へでも行けるわ」何て言っていた私も、もう重いバッグは嫌なんて思っていませんか?でもこの革の色が気に入っているのよね、なんてね。そんな方に朗報です。お気に入りの革を活かしてミニバッグを作りませんか? まずはお見積り!

◎大事にしまっておいたら、バッグの内側が張り付いちゃった~(泣)。以前の良いバッグは中も革張りって多かったんですよね。近頃は軽さと通気性を考えた素材が増えているんです。なかの革を剥がして今の素材に張り替えられます。まずはお見積り!

◎そんなに使っていないつもりでも、よく見ると四隅がちょっと白っぽくなっちゃって。これじゃお出かけに使いにくいな。あるあるです、まずはお見積り!

リメイク例

長年ご愛用のショルダーバッグ。捨てがたく愛着があるので何とかしたいとのご相談

 

 

 

 

全て解体して素材を修正・加工して再度縫製しました

 

 

無事復活!喜んでいただきました!!

 

こんなこともできます!