真珠を購入するうえで最も大切なことは?

福島県会津若松市の宝飾専門店ジュエリーオースカです。

質の良いパールジュエリーをお探しなら当店にお任せください。

 

当店は、世界に誇れる純国産無調色アコヤ真珠のブランド「WAKANA(和奏)」をはじめ高品質なパールジュエリーを多数取り揃えております。

ご自分へのご褒美や愛用のジュエリーに、お嬢さまやお孫さまの成人や就職、結婚などのお祝い、また19歳や33歳の厄年の贈り物としても最適です。パールはそれぞれに美しい個性をもった宝石ですので、実際にご覧になってお気に入りの逸品を見つけていただければと思います。

 

テリの良い美しいパールを求めて、会津若松市や喜多方市はもちろん福島、郡山市や県内外からもご来店いただいております。

 

真珠を購入するときに気をつけたいことは?

 

真珠を購入するうえで大切なことって何でしょうか?真珠のテリの良さ、色合い、価格どれも重要なポイントです。真珠は、冠婚葬祭フォーマル用から普段づかいまで、あらゆるシーンでお使いいただけるジュエリーでもあるので、やはり長くご愛用できる上質なものを選んでいただければと思います。

品質の良い真珠を購入するポイント、それは誰から購入するかということです。例えば、極上の美味しいお寿司を食べたい!と思ったら、魚の目利きに優れた腕の良い職人さんのいる評判のお寿司屋さんに行きたいと思いませんか?

同じお寿司を食べるにもミシュランで星を獲得しているお寿司屋さんで食べるのとスーパーやコンビニで売っているお寿司にするのかによっても、質や価格は大きく変わってきます。

ここ福島県にも真珠を扱っているお店はたくさんあります。実際に取り扱う品数もブランドも様々です。そこで働く従業員さんも、経験豊富なベテランスタッフさんも居れば、勤務年数の浅いスタッフさんもいます。

一方で、実際にお店に訪れるまでは、どんなスタッフさんに接客してもらえるかわからない場合がほとんどです。

経験年数が多いほど得る情報量も経験値も変わってくるのは当然のことです。折角なら知識豊富で真珠に対する造詣の深いスタッフさんに対応してもらいたいですよね。

当店は、創業104年という老舗企業の強みの一つとして、経験豊富なベテランスタッフがお客さま一人ひとりの希望に沿った丁寧な接客を心がけていることが挙げられます。

上質な真珠を求めて、社長自ら国内外問わず真珠の生産地に赴き、真珠の選定(見極め)から仕入れを行っていることからもお察しの通り、真珠に対するこだわりには自信があります。真珠はベテランのスタッフでも目利きの難しい宝石といわれています。自然から生み出される真珠は形や色一つとっても同じものはなく、その個性ゆえに美しさを一括りにはできないのです。

そこで、曖昧な真珠の価値基準を整理して、真珠関係者に向けて教育と資格認定を行う「真珠検定」が日本真珠振興会によって2014年に創設されました。真珠検定は、宝飾販売に携わる方に対して実施している真珠アドバイザーを育成した検定です。当店のスタッフは全員アドバイザーの資格を取得しており、時にはお店で研修会を実施したり真珠に関する勉強に日夜励んでおります。

 

鑑別書を頼りにパールを選ぶのは難しい?

真珠には公的な品質評価の統一基準はありませんから、民間による検査の測定値がそのまま真珠の価値に繋がるわけではありません。

また、硬質なダイヤモンドと異なり、真珠は経年変化もあるので、鑑別から年数を経た真珠は劣化が進んでいる場合もあり、鑑別時の数値が保たれているとは限りません。ですから、真珠の場合は鑑別書があるから安心、鑑別書が付いてないからダメということではないようです。

鑑別書に頼って真珠選びをするよりも、実際に店頭で販売している真珠を見ながら、その真珠の特性をきちんと説明できるスタッフのいるお店で選んでいただくことが最適です。

 

品質の良いパールはどうやって選ぶ?

 

では、上質な真珠を見極めるポイントはどこでしょう。真珠を真珠の品質を左右する真珠層の厚み「マキ」。マキはテリや経年変化に影響を及ぼすので、真珠の品質を見極めるうえではとても重要です。一方で、真珠層の巻きは厚ければよいというわけではありません。大切なのは真珠の核を中心に、どれくらい薄く上質な真珠層が何百枚、何千枚と均一に巻かれているかです。上質な真珠層が何千枚と巻くことにより、豊かな干渉色が生み出され、美しいテリとなります。これらの違いは真珠のプロによる目視によって判定されます。

真珠の評価の決め手となる6つの基準「テリ・マキ・キズ・色・サイズ・形」は真珠の目利きであるプロの目でしっかり見てもらうのが、実は一番安心です。鑑別書に頼るよりも、真珠のプロがいる信頼できるお店で説明を聞き、実際に身に着けてみることが大切です。真珠はそれぞれに色味も異なるので、実際に着けてみないと、ご自身の顔色や雰囲気に合っているかどうか分かりません。品質がよく、顔映りの良い真珠がご自身にとって最も良い真珠になります。

 

  

生産者がわかる真珠を購入するメリット

 

真珠は海と人の手によって育てられ、生まれる宝石です。手塩にかける真珠の養殖は農産物を作るのに似ています。栽培する生産者の顔が見える農産物が信頼できると人気があるのと同じく、真珠を養殖している生産者の顔が見える真珠であれば安心です。

生産者の中には、ホームページなどで養殖している海の風景や作業の様子をアップしているところもあるので、この海で育った真珠が使われていると思うと、愛着も違いますね。真珠養殖の作業の大変さや苦労がわかると、真珠の見方も変わってくるのではないでしょうか。この生産者が育てた真珠ならばという安心感と共に信頼感が生まれます。購入したパールのジュエリーを大切にしようという愛着もより深まることでしょう。

当店で取り扱っている無調色真珠「WAKANA(和奏)」は、純国産のパールです。長崎県壱岐の島の養殖場で採れた真珠のみを使用しています。真珠の養殖の元となる母貝を稚貝から育てており、最初から最後まで一貫して真珠の生産を行っています。「WAKANA(和奏)」の全ての商品には、品質証明と産地証明書がついております。

 

真珠と経年変化

真珠はアコヤ貝が何年もかけてつくり出した大変繊細な宝石です。酸性の汗や化粧品に弱く、湿気や紫外線、照明などの影響も受け、経年変化を起こしやすいといわれています。使用したあと、柔らかな布で丁寧に拭き取るなど日々のお手入れが大切です。年月を経て、輝きが鈍ってきたなと感じたら真珠のつや出しをすると、またきれいな美しさがよみがえります。

ネックレスの場合は糸替えも必要です。万が一、装着時に糸が切れ、珠が飛び散るなどすると大変なことになるので、3年に一度は糸替えをしましょう。真珠は糸替えやつや出しなど定期的なメンテナンスが必要です。人間にホームドクターが必要なように、ジュエリーにもメンテナンスが欠かせません。当店は、購入後のメンテナンスなどが一番大切と考えアフターサービスも積極的に取り組んでおりますので、安心してご相談ください。

 

 

 【関連記事はこちら】

上質な真珠はどこで買うのがいいの?真珠を選ぶコツは?

パールのお手入れと長持ちのコツ

 

当店は、「テリ・マキ・キズ・色・サイズ・形」の6つの視点で厳選したパールジュエリーを多数取り扱っております。自然の贈り物パールの魅力を手にとってご覧いただければと思います。パールは、女性にとっては欠かせない大切なジュエリーです。大人の女性のたしなみとして人生を彩る素敵なジュエリーを身に着けていただければと思います。

お客さまの魅力を引き立てるコーディネートしやすいパールジュエリーをご提案してまいります。皆様のご要望をきちんとお聞きしながら、ご満足のいく真珠選びのサポートを致しますので安心してご相談ください。