外出時にどうぞ!

インフルエンザの季節到来。免疫力を上げるマヌカハニーはご存じですか?

マヌカハニーは、ニュージーランドに自生するマヌカの花から採取したハチミツです。
ハチミツの種類や成分の違いはありますが、大きく違う点は、UMF表示があるマヌカハニーは、抗菌性を持つ特別なハチミツとして、評価の高いモノです。
当店で販売しているハチミツには、一切農薬を使用しておりません。
自然の力で自生するマヌカの花から養蜂家が日々集めたハチミツで作られています。

外出時に是非携帯してください!

世界初! UMF®マヌカハニー蜂蜜協会認定
マヌカハニー100%のドロップレット(のど飴)
持ち運びにとても便利なマヌカハニーのど飴

マヌカハニーとは、「マヌカ」という木の花から採取したはちみつです。

 

「マヌカ」はニュージーランドだけに自生しているフトモモ科に属する常緑低木で、白やピンクの可愛らしい花を咲かせます。
マヌカの木は、英語では「Tea tree」と言われ、1300年代にこの地に住み着いたニュージーランドの原住民であるマオリ族の薬草として広く使われていました。
冒険家で有名なキャプテンクックとその乗組員たちや旅人達は、お茶の代わりに飲用したことからそのように呼ばれています。

UMFマークは信頼の証!  UMF とは 

 

ニュージーランドの国立ワイカト大学のピーター・モーン博士が、ニュージーランドのマヌカハニー は、他のハチミツにはない優れた抗菌性を持つ事を発見しました。
この要素は、マヌカハニー独自のモノとして、ユニーク・マヌカ・ファクター (UMF) と名付けられました。
マヌカハニー全体の中で10~20%しか取れない特別なハチミツで、認証された検査機関で厳しい検査基準に合格した物だけが、UMFマヌカハニーとして認められ、他のマヌカハニーとは区別されています。

マヌカの木の効用 ニュージーランドに伝わる効用

 

マヌカの木には、いろいろな薬効が伝えられ、歴史はとても古く、殺菌抗菌効果が著しいためにたくさんの外用用途と様々な効用が期待されています。
例えば、ニュージーランドに伝わる効用では、マヌカの木を燃やすことで出る煙は「害虫駆除」に使用され、幹の浸出液や葉と幹を煎じると「鎮静作用」、種の入つた実は「抗炎症剤」、葉を煎じた時の蒸気を吸うと「頭痛の緩和」や「インフルエンザ、風邪などのウィルスから守り」、「咳」にも効果があります。
このように多くの効果が期待されるマヌカの木は、マオリの人々にとってとても大切な木であり、決して無駄な伐採をしませんでした。
今もニュージーランドの大地に美しく花を咲かせ、人々を癒している特別な木なのです。

ここが凄い!マヌカハニーの効能

もともとハチミツには強い殺菌効果がありますが、特にマヌカハニーには独自の殺菌成分が多く含まれていて、殺菌能力はなんと通常のハチミツの約2と言われています。
だから、「ウィルス」や「ピロリ菌」「大腸菌」といった、体内で悪さする悪性菌に効くんです!

マヌカハニーが美容に良いと言われています。

ダイエットや美容に、一番大切な事は体内にあります。その中でも特に重要な事は、腸の働きです。一般的にハチミツには、ビフィズス菌などの善玉菌を増やすグルコン酸やオリゴ糖が含まれていますので、便秘や下痢を解消してくれると考えられます。

砂糖とハチミツの違い

 

砂糖の糖分は、ショ糖と言います。
ショ糖は、体内で酵素を使つて果糖やブドウ糖に分解しますが、ハチミツはすでにミツバチの酵素により、果糖とブドウ糖に分解していますので、単糖類と呼ばれる成分から形成されています。
ブドウ糖はすぐに体内に吸収されてエネルギーに変わり、果糖はゆつくりと吸収して血糖濃度の調節を行うため、砂糖と比べて太りにくいと言われています。

 

 

当店で取り扱っている、このUMFマヌカハニーは混ぜ物のない100%の蜂蜜です。
蜜が取れるのは年間で花が咲く約4週間だけ、とても貴重で【奇跡のハチミツ】と呼ばれています。
「免疫力を高めたい方」にお薦めです。

他のマヌカハニーのコラムを見る