マダムオースカの宝石物語 vol167

「次に繋げるジュエリー」

 

 新米の美味しい季節になりましたね、もう召し上がりましたか。
近頃寄せられるご相談に「宝石の終活」相談が有ります。お母様やおばあ様の「遺品の整理」のご相談も承ることが良くあります。
 そこで今日は「宝石の終活」についてのお話です。
「いい年になったから、集めた宝石を整理しておきたい。」「引き継いだもので善し悪しがわからない。どのように評価したら良いかな?」また「好きで集めたので一つ一つに思い出があるけれど、少し整理しようかしら」なんてご相談に見える方多いですね。
 少し前まで、日本はダイヤモンド輸入ベスト3に入っていました。当然良い宝石が日本には沢山あります。皆様も良いものをお持ちになっています。
 お手持ちの物を、①これからもご自分で使いたいもの、②高価なもの、デザイン性や技術的に優れている物、希少性がある宝石等で「誰かに使って欲しいな」と思われるもの、③処分しようかなと思われるものと分け、宝石の整理をお手伝いさせて頂いています。
 皆様「整理がついて良かった。子供たちも喜んで使ってくれるといいな」なんてお話をしながら、SDGsの時代性もあり不要の物を買い取らせて頂き「お小遣いもできたわ」と大変喜んでいただいています。
 何億年もかかって私達の元へとやって来た宝石達、次に繋げることも大切ですね。

「ジュエリーリフォームご相談・地金買取日」は、次回11月13日(日)、14日(月)です。ご相談日以外も承りますので、お気軽にご連絡ください。

今月号の「ジュエリーおしゃれ講座」はこちら

前号の「マダムオースカの宝石物語」はこちら


文/『ジュエリー文化』の伝道師
ジュエリーアドバイザー 
マダム オースカ  大須賀睦美
野口英世青春通り 定休日/火曜日・水曜日