パールのお話① 「パールの泣き所」

10月3日~5日のパールフェア開催に向け、今月はパールにまつわるお話を連載します。

まずはパールの良くある質問より「パールの泣き所」

パールの硬さはモース硬度は3.5~4。砂ゴミ(モース硬度7)が着いたような汚れた布で拭くのは厳禁です。

パールが泣いてしまいます。お気をつけください。又ヘアスプレーや漂白剤にも敏感です。

お出かけの際は、ヘアーセットが終わった最後にパールを着けましょう。又、水道水には塩素が含まれているためパールには良くないので水挽はやめましょう。

ポイントをまとめると

1 お出かけ準備の最後の仕上げに、襟の開き具合などを見ながらお好みのラインにつけましょう。

2 お出かけから戻ったら、きれいな柔らかい布で乾拭き、または専用パールクロス(¥660込)で拭きましょう。

3 使用頻度に関わらず2~3年に一度は、糸替えとつや出しをお勧めします。

 

御木本幸吉がパールの養殖を始めて100年以上が経ち、養殖技術も年々進歩しています。

日本から世界に発信した、美しい海からの贈り物パール。

お出かけに何をつけて行こうかしらと、迷ったらパールです。パールを着けていって失礼な場所はまずありません。

 

パールのお話第一話は、「パールの泣き所「」と「迷ったらパール「」のお話でした。

      マダムオースカの宝石物語より抜粋

 

<パールのお話②を見る>

2023年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31