結婚指輪はプラチナ派?ゴールド派?

福島県会津若松市の「結婚指輪・婚約指輪専門店」ジュエリーオースカです。


当店は、世界で最も美しいダイヤモンド「ラザールダイヤモンド」をはじめ、品質の良い商品を多数取り揃えております。

プロポーズ男子サポートマスターが常駐しており、今まで累計10,000組以上の先輩カップルを応援してまいりました。購入後のメンテナンスやアフターサービスも責任をもって対応していますので安心してお任せください。

会津若松市、喜多方市はもちろん、福島、郡山市や県内外からもたくさんのカップルの皆様にご来店いただいております。

 

 

 

結婚指輪を選ぶ際に注目してほしいことの一つが指輪の素材についてです。
指輪の素材は見た目はもちろんのこと、耐久性や予算にも関わってきます。
また、結婚指輪は長く使う大切な指輪だからこそ、素材の特徴を理解したうえで指輪選びを行っていただきたいと思います。

 

 

 

「結婚指輪といえばプラチナと思っていたけれど、それ以外にも使われている素材はあるの?」
「結婚指輪にプラチナが使われている理由は?」
「おしゃれなゴールドの結婚指輪が気になるけれど実際はどうなんだろう?」

そんな皆さまからの疑問にお答えする形で、結婚指輪に使われる素材について詳しくご説明していきたいと思います。

 

 

結婚指輪に使われる素材はどんなものがあるの?

 

結婚指輪というと、プラチナをイメージされる方が多いと思います。
プラチナは耐久性に優れており、長く愛用する結婚指輪の素材として用いられることが多いです。
日本ではプラチナが定番ですが、海外ではゴールドが結婚指輪の素材として用いられることが主流となっています。
ゴールドは華やかな印象となり、プラチナの指輪とはまた違った印象をもたらします。
プラチナ、ゴールドのそれぞれの特徴を理解したうえで、お二人が気に入ったものをお選びになることをおすすめいたします。

 

 

プラチナ素材のメリット・デメリット

 

プラチナは白金といわれているように、その白銀色の美しさから純白のウエディングドレスがイメージされ、婚約指輪や結婚指輪に使われることの多い素材です。
また、シンプルな美しさから普段あまりジュエリーをしない男性でも抵抗なく着けられるとの感想をいただきます。

 


そして、結婚指輪にプラチナをお選びになる理由で最も多く挙げられるのが「変色・変質しにくい」といった耐久性でのメリットです。
酸やアルカリに強いので、日常的に身に着けていても変色などの心配がほとんどありません。しかし、ずっと使い続けていると、どうしても表面に細かな傷ができて輝きが鈍ることもあります。その風合いを夫婦の歴史として楽しむのも良いですし、気になる場合は新品仕上げを施すことで買った時の輝きを取り戻すこともできます。

優れている面の多いプラチナですが、希少性が高い分、他の貴金属と比べると高価になります。
結婚指輪はペアで作ることが多いので、予算を考えてお選びになる必要があります。

<プラチナ素材のメリット>
・変色・変質しにくい
・男性も抵抗なく着けられる落ち着いた印象
・ブライダルのイメージに合う
・希少性が高い


<プラチナ素材のデメリット>
希少性が高い分、他の金属と比べると割高になる場合が多い

 

 

 

ゴールド素材のメリット・デメリット

 

見た目の華やかさが印象的なゴールドの指輪は、ファッション性も高くおしゃれ感度の高い方に人気の素材です。

 

 

ゴールドの魅力はカラーバリエーションの豊富さです。
ゴールドは混ぜる金属(※割り金)の割合によって色や強度が変化します。
結婚指輪に用いられるゴールドの種類は、イエローゴールド(YG)、ピンクゴールド(PG)、ホワイトゴールド(WG)が代表的なものとなっています。

華やかな黄金色のイエローゴールド、ピンクがかった優しい印象のピンクゴールド、落ち着いた白銀色のホワイトゴールドなど色味によって異なる印象をもたらします。結婚指輪は長く使う指輪でもあるので、肌映りの良い、ご自身に一番似合う色合いを選んでいただくのをおすすめします。

 

 

ファッション性も高く、他とはかぶりにくい面から好まれるゴールドの指輪ですが、ピンクゴールドは配合される銅の割合によって変色を起こす場合もあります。使用後は乾いた布でふくなどお手入れや保管の仕方などメンテナンスにも注意が必要です。
※割り金…金などの貴金属は、純度が高いとやわらかく衝撃に弱いので、他の貴金属を加えて硬度を高めます。

 

 

<ゴールド素材のメリット>
・ファッション性が高く他とかぶりにくい
・カラーバリエーションが豊富
・肌なじみが良い

 

 

<ゴールド素材のデメリット>
・ゴールド以外に含まれる金属の(割り金)の種類によって、変色などが起きないよう適切なメンテナンスが必要になる

 

 

指輪の表面仕上げ つや有り派とつや消し派

結婚指輪の見た目の印象を左右する表面仕上げには、「つや有り」と「つや消し」の二つの方法がありあります。
つや有りは、鏡のように表面が光沢ある輝きになっているのが特徴です。
鏡面仕上げともいわれています。つや有りは金属の美しさが引き立てられ、華やかな印象をもたらします。

 

 

つや消しは、表面に加工をして光沢をなくす方法でマット仕上げともいわれます。
落ち着いた風合いで肌なじみも良いので男性からの支持も高い加工方法です。
つや消し加工で注意したいことは、長年の使用で表面が磨耗し、光沢が出てきてしまう場合もあります。
そのままの自然な風合いを楽しむこともできますし、気になる場合は再度加工をし直すこともできます。

 

お二人の好みに合った結婚指輪選びを

 

結婚するお二人の絆の象徴ともいえる結婚指輪は一生ものの大切な指輪です。
また、日常的に身に着けることも多いので、それぞれのライフスタイルや好みを考えながら納得のいくものをお選びいただくことをおすすめいたします。
指輪の素材や加工方法でお悩みのことがありましたら、店頭でも遠慮なくご相談ください。

 

 

 

 

当店は、ブライダルリング販売後のメンテナンスやアフターフォローも充実しております。
プロポーズをしたい男子の方、ブライダルリングをお探しのカップルの方、下見をかねてお気軽にご相談ください。
プロポーズ男子サポートマスターをはじめとする全スタッフで、あなたのプロポーズ成功や生涯の宝物となるブライダルリング探しのサポートをいたします。

 

結婚指輪を探す

婚約指輪を探す