婚約指輪のダイヤモンドをネックレスにリフォーム

福島県会津若松市の宝飾専門店ジュエリーオースカです。
ジュエリーのメンテナンス、修理、リフォームはお任せください。

 

創業以来100年以上の歴史をもつ当店では、累計数万件以上のリフォームや修理の実績がございます。他店でご購入いただいたものでも遠慮なくご相談ください。思い出のあるジュエリーは、メンテナンスや修理を行うことで末永くご愛用いただけます。
また、リフォームによって新たな命を吹き込まれたジュエリーは次の世代へと受け継がれていきます。

会津若松市、喜多方市はもちろん、福島、郡山市や県内外からも多くの方が修理やリフォームの相談でご来店いただいております。


婚約指輪が日常づかいできるネックレスに変身

大切なパートナーが愛の証として贈ってくれた婚約指輪。今どきのモダンなデザインに変えて、日常に使えるリングにすることもできますが、医療従事者の方や飲食業界に携わる方など指輪をすることのできない職場もあります。でも婚約指輪を引き出しにしまっておくだけではもったいない。そんな人にお勧めしたいのが婚約指輪のダイヤモンドをネックレスにリフォームする方法です。

 

ネックレスであれば、幅広い場面に対応でき、身に着けるシーンが広がります。とくに一粒ダイヤモンドのネックレスは女性にとってマストなジュエリー。エレガントなワンピースでのお出掛けはもちろん、オフィスでのかっちりしたスーツ、休日のジーンズにTシャツ姿など、どんな装いにもマッチし、女性の胸元に上品でさりげない美しさを添えてくれます。

 

ダイヤモンドの留め方で変わる印象

フクリン(覆輪)留め

 

婚約指輪のダイヤモンドを一粒ダイヤモンドのネックレスにリフォームする場合、留め方で印象がまったく変わります。留め方には主に2種類あり、ダイヤモンドをぐるりと一周K18やプラチナの地金で囲うのがフクリン(覆輪)留め。そして最もポピュラーな留め方で、ありのままの輝きを楽しむことができるのが爪留めタイプのソリティアのネックレスです。

フクリン留めはカジュアルにもエレガントにも使えるシンプルなデザインです。流行に左右されず、飽きがきません。年齢を重ねても服装や体型が変わっても大丈夫。普段使いしたい、職場でも着けたい、ダイヤを大きく見せたい、ある程度の主張や存在感がほしいと思う人にお勧めしたいデザインです。

 

ソリティア(爪留め)

 

一方のソリティアは地金の爪でダイヤモンドを固定する、いわゆる爪留めのタイプ。爪は4本留め、5本留め、6本留めなど本数によって雰囲気が変わります。ダイヤモンドのありのままの輝きが楽しめ、繊細で上品な美しさが特徴です。フクリン留めがカジュアルな雰囲気であるのに対し、ソリティアはフェミニンな印象を与えます。
ソリティアはダイヤモンドネックレスの王道ともいえ、デザイン的に主張しないので、ボリューム感より輝きを重視したい方に向きます。華奢で繊細なデザインが好きなら、ソリティアがよいでしょう。

 

チェーンの色合いで気分もチェンジ

地金やチェーンの色選びも大切なポイントです。プラチナ(PT)、イエローゴールド(YG)、ピンクゴールド(PG)、ホワイトゴールド(WG)などさまざまな色合いがあります。肌のパーソナルカラーは人それぞれ。顔回りにあててみて、しっくりくるカラーがお顔映えします。

手持ちのジュエリーとの兼ね合いや好きなスタイルなどを考慮してチェーンの色味を選んでみてください。ラグジュアリーな雰囲気にしたいとお考えの方には、プラチナやホワイトゴールドをお勧めします。迷った場合は、自分が着けたい色を選ぶのがいいでしょう。

 

メレダイヤをプラスしたデザインで華やかに

 

一粒ダイヤモンドのネックレスはマストなジュエリーですが、個性的なネックレスがほしいという方は、センターの大きなダイヤに「メレダイヤ」と呼ばれる小粒のダイヤモンドをあしらうのはいかがでしょうか。メレダイヤの大きさ、数や並べ方、デザインで印象が変わります。シンプルなソリティアに対し、愛らしさやゴージャス感を加えることができ、自分だけの個性的なジュエリーに変身させることができます。メレダイヤが大きいと華やかで存在感のアップした一点になります。

 

 

誕生石をプラスして自分だけのジュエリーに

長い年月にわたり、変わらずに愛用していけるのがベーシックな一粒ダイヤモンドのネックレス。そこに自分の誕生石をプラスすると自分だけのオリジナルなネックレスが完成します。

誕生石にはそれぞれ意味や効能があると言われています。誕生石の起源は旧約聖書までさかのぼるとされ、1月の誕生石はガーネット、2月はアメジスト、3月がアクアマリン、珊瑚、4月がダイヤモンド、5月がエメラルド、6月がパール、ムーンストーン、7月がルビー、8月がペリドット、9月がサファイア、10月がオパール、トルマリン、11月がトパーズ、シトリン、12月はターコイズ、ラピスラズリ、タンザナイトと月にちなむ宝石が伝えられています。

 

自分の生まれ月の宝石を身に着けることにより、パワーがもらえたり、守られたり、助けられたり、幸運を呼び寄せることができるとも言われていて、ダイヤモンドと組み合わせることにより、最強のお守りになりそうです。

 

宝石には古来から、不思議な力があると言い伝えられていて、着飾るためのものであると同時に、装着する人の身を守ってくれる大切な存在ともなってくれそうです。

 

 

当店にはジュエリーコーディネーター、リモデルカウンセラー1級などの資格を持つ専門家が揃っています。初めてのリフォームや大切な思い出のあるジュエリーをリフォームするのは緊張したり勇気のいるものです。皆様の疑問や不安に思うこともきちんとお聞きし、誠意をもって対応してまいりますのでご安心ください。大切な思いのこもったジュエリーに新しい命を吹き込み、お客さまの想いを形にするお手伝いをいたします。お客さまの人生を豊かにするハッピープロデューサーとして笑顔になっていただけるジュエリーをご提案してまいります。

 

>>>当店でリフォームされたお客さまの喜びの声