家族の愛と絆の証ビジュー・ド・ファミーユ

福島県会津若松市の宝飾専門店ジュエリーオースカです。
ジュエリーのメンテナンス、修理、リフォームはお任せください。

 

創業以来100年以上の歴史をもつ当店では、累計数万件以上のリフォームや修理の実績がございます。他店でご購入いただいたものでも遠慮なくご相談ください。思い出のあるジュエリーは、メンテナンスや修理を行うことで末永くご愛用いただけます。
また、リフォームによって新たな命を吹き込まれたジュエリーは次の世代へと受け継がれていきます。

会津若松市、喜多方市はもちろん、福島、郡山市や県内外からも多くの方が修理やリフォームの相談でご来店いただいております。


ビジュー・ド・ファミーユってなに?

「ビジュー・ド・ファミーユ」という言葉はご存知でしょうか。
フランス語でビジューは宝石、ファミーユは家族を表し、ビジュー・ド・ファミーユは「家族の宝石」という意味になります。ジュエリーとの関わりの深いヨーロッパでは、お祖母さまからお母さま、そしてお嬢さま、そのお子さまへと思い出深い宝石を大切な家族に伝えていくという習慣があります。
ジュエリーは家族の愛や絆の証として代々受け継がれ、家族を守るラッキーアイテムとして大切に守られていきます。

祖父母や両親の幸せな思い出が詰まったジュエリーはお守りにもなるのだそうです。身に着けることによって、ご先祖さまに守られているような気持ちになりますね。

 

家族の想いを美しいかたちで残すジュエリーリフォーム

「家族の宝石」という意味を持つビジュー・ド・ファミーユですが、家族の思い出の宝石や形見をリフォーム、リデザインして次の世代が愛用するのも、ビジュー・ド・ファミーユのひとつです。着用するたびに思い出がよみがえる希少なジュエリーとなります。愛情を持って受け継ぎ、次の世代に伝えることも色あせない輝きをもつジュエリーだからこそできることです。

そんな家族の絆、愛する人との幸せな思い出がつまったビジュー・ド・ファミーユを心温まるエピソードと共に紹介してまいります。

 

形見の帯留めをブローチに

お着物好きだったお祖母さまは素敵な帯留めもたくさんコレクションされていました。中でも思い出深いのが翡翠の帯留め。お祖父さまと一緒に選んだもので、お祖母さまのお気に入りの一点でした。お祖母さまは孫娘にと、この翡翠の帯留めを形見に残してくれました。けれども、着物を着る機会はあまりないので、お母さまと相談し、リフォームしてもらうことにしました。

普段の装いにも合せやすいおしゃれなブローチに変身しました。ジュエリーボックスを開く度、身に着ける度に、着物を凜と着ていたお祖母さまの姿が思い出され、見守ってくれているように感じるそうです。お祖母さまはこれからもずっと、孫娘の成長を見守ってくださることでしょう。

 

お母さまの婚約指輪をネックレスに

若き日のお父さまがお母さまに贈ったダイヤモンドの婚約指輪。引き出しの中に大切にしまわれてきましたが、なかなか出番はないまま、年月が過ぎていきました。お嬢さまが20歳になった記念に、その婚約指輪を思い切ってネックレスにリフォームし、プレゼントすることに決めたそうです。お父さまも喜んで承知してくださいました。

 

ホームページを検索し、気になった当店にお母さまとお嬢さま、おふたりで足を運んでいただきました。店内に飾られているネックレスを参考に、いくつかデザインをご提案しました。実際に着けてみて一番気に入ったのはシンプルでベーシックな一粒ダイヤモンドのペンダント。チェーンは肌映りのよいホワイトゴールドをチョイスしました。

 

 

こうしてご両親の幸せな思い出はお嬢さまへと引き継がれました。

 

お父さまのカフスをピアスに

お洒落なお父さまはカフスボタンに凝るタイプ。ここぞという時には勝負ネクタイとネクタイピン、そしてカフスが登場しました。一番の勝負カフスはやさしい輝きを放つ本真珠。今度社会人になるお嬢さまのジュエリーにリフォームしたいとご夫妻で相談にみえました。

とても品質のよい真珠でしたので、ピアスへのリフォームをお勧めしました。

 

真珠のピアスはどんなシーンにもしっくりなじみます。お父さまの手元を彩った真珠のカフスが、今度はお嬢さまの耳元を美しく演出するというのも素敵です。人生の先輩であるお父さまの想いを引き継いで、社会人としての一歩を踏み出されていくことでしょう。

 

ロイヤルファミリーと家族の宝石

永遠に輝き続ける宝石に想いを込め、家族の愛を未来に託す「ビジュー・ド・ファミーユ」。家族の宝石にはそれぞれのストーリーがあります。宝石を眺めるたびに素敵な思い出もよみがえります。そんな「ビジュー・ド・ファミーユ」は英国のロイヤルファミリーにも伝わっています。エリザベス女王二世が所有するジュエリーは英国歴代君主たちから受け継がれてきたものと女王個人のコレクションとがあるそうです。大英帝国時代からの宝石は、それは見事なものです。

 

そんなエリザベス女王にも素敵な「ビジュー・ド・ファミーユ」があります。エリザベス女王がエディンバラ公フィリップ殿下とバッキンガム宮殿で婚約を発表した際、フィリップ殿下は女王のために素敵な婚約指輪を用意なさったそうです。フィリップ殿下は自分の母親のティアラから取ったダイヤモンドを婚約指輪にアレンジしたのだとか。エリザベス女王はゴールドの結婚指輪と共に、今もこの婚約指輪を大切に着用なさっているそうです。

 

新品の指輪にはない特別な価値をもたらしてくれる「ビジュー・ド・ファミーユ」。お母さまやお祖母さまの宝石などがある場合は、リフォームして身に着け、お守りにしてみてはいかがでしょうか。

 

 

当店にはジュエリーコーディネーター、リモデルカウンセラー1級などの資格を持つ専門家が揃っています。初めてのリフォームや大切な思い出のあるジュエリーをリフォームするのは緊張したり勇気のいるものです。皆様の疑問や不安に思うこともきちんとお聞きし、誠意をもって対応してまいりますのでご安心ください。大切な思いのこもったジュエリーに新しい命を吹き込み、お客さまの想いを形にするお手伝いをいたします。お客さまの人生を豊かにするハッピープロデューサーとして笑顔になっていただけるジュエリーをご提案してまいります。

 

>>>当店でリフォームされたお客さまの喜びの声