40代になったら、そろえておきたい黒蝶真珠の魅力とは?

福島県会津若松市の宝飾専門店ジュエリーオースカです。

質の良いパールジュエリーをお探しなら当店にお任せください。

 

当店は、世界に誇れる純国産無調色アコヤ真珠のブランド「WAKANA(和奏)」をはじめ高品質なパールジュエリーを多数取り揃えております。

ご自分へのご褒美や愛用のジュエリーに、お嬢さまやお孫さまの成人や就職、結婚などのお祝い、また19歳や33歳の厄年の贈り物としても最適です。パールはそれぞれに美しい個性をもった宝石ですので、実際にご覧になってお気に入りの逸品を見つけていただければと思います。

 

テリの良い美しいパールを求めて、会津若松市や喜多方市はもちろん福島、郡山市や県内外からもご来店いただいております。

 

タヒチ産黒蝶真珠のヒストリー

奥ゆかしく凛とした表情をたたえる黒蝶真珠。透明感のあるフレッシュなイメージをもつ白いアコヤパールと比べると、オトナの品格を感じさせる艶のあるしっとりとした輝きが印象的です。年齢を重ねて成熟した女性にぴったりなジュエリーともいえるでしょう。

 

 

黒いパールや黒真珠ともいわれる黒蝶真珠は、黒蝶貝から採れる真珠です。市場における9割以上はタヒチで生産されています。地上一美しい楽園ともうたわれているタヒチ。南国の温暖な気候と美しいラグーンが上質な黒蝶真珠を育んでいます。タヒチ産の黒蝶真珠は、多様な色合いと輝き、大きさをもちバリエーション豊富な魅力をもっています。

 

「黒蝶真珠の父」 室井忠六氏

たった130粒の黒真珠からタヒチパールの時代が幕開けしました。

現在では、世界中の女性に愛されるパールジュエリーです。

黒蝶貝を母貝として養殖された真珠をタヒチパールといいます。アメリカ大陸が発見され、カリブ海をはじめ南北アメリカ大陸から珍しいさまざまな富がヨーロッパにもたらされました。その中の一つとして、黒蝶貝から採れた黒真珠が、初めてもたらされたのです。黒蝶真珠は、1962年まで全て自然採取されたものでした。それまで養殖には沢山の方々がチャレンジしてきましたが、誰も成功していませんでした。

 

1962年、一人の日本人技術者がたった130粒の養殖に成功したときに、タヒチパールの時代が幕を開けました。あれから50年、いつしか黒蝶貝で養殖した真珠は全てタヒチパールと呼ばれるようになりました。現在では、世界中の多くの女性が黒蝶真珠のネックレスやイヤリング(ピアス)、リングやブレスレットなどさまざまなジュエリーを楽しんでいます。

 

その礎を築いたのが、日本の養殖技術者である室井忠六さんです。

誰も成しえなかった黒蝶真珠の養殖という偉業を成し遂げた室井さんは「黒蝶貝の父」とも呼ばれ、タヒチ政府から勲章も授与されています。室井さんは福島県会津の出身ですが、そんな歴史的な偉業を成し遂げた方が同郷にいらっしゃるなんてとても誇らしく思います。

 

 

フォーマルな場で活躍する黒蝶真珠

40歳を超えてくると、親戚だけではなく仕事でのお付き合いや、お子さまがいらっしゃれば、学校や習い事などの交流も広がってきます。また、20代とは違って大人の礼節を求められる場面も増えてくるので、場にふさわしいきちんとした装いを心がけたいものです。

 

冠婚葬祭に必要となるブラックフォーマルは長く愛用できるものをお選びいただくと、いざというときに安心です。フォーマルの洋装にはジュエリーを着けるのが正式なマナーです。パールのネックレスとイヤリング(ピアス)、リングをセットでそろえておきましょう。年齢を重ねてくると、落ち着いた色合いのグレーや黒の真珠を選ばれる方も多くなってきます。

 

フォーマル以外でもOK!大人の装いに映える黒蝶真珠

 

「そろそろいい年齢になってきたし、黒蝶真珠もそろえておきたいと思っているんです。でもお悔やみの席でしか使えないなら出番は少ないのかしら」とお聞きすることもあります。黒というイメージから黒蝶真珠は喪のときに着けるジュエリーと思われることが多く、どんなタイミングで着ければいいのか迷う方もいるようです。黒蝶真珠は、シックで落ち着いた色合いからお葬式や法事などで使用されることも多いのですが、それだけではもったいないたくさんの魅力をもったパールです。

 

ひと言で黒蝶真珠と言っても、グレー、ブラック、ブルー、グリーン、ローズと実に多彩な色合いをもっています。とりわけ最高級といわれるピーコックグリーンの黒蝶真珠は華やかで人気があります。結婚記念日や誕生日など特別な日のお出かけやオフィスカジュアルに合わせてもおしゃれで素敵です。普段使いにさらっと黒蝶真珠を着けこなしてみれば、大人の品格と華やぎを与えてくれそうです。

 

黒蝶真珠を選ぶときに気をつけたいことは?

 

黒蝶真珠はアコヤ真珠と比べるとサイズもひと回り大きく9~11㍉ぐらいが一般的です。黒蝶真珠はアコヤ真珠と同様に「テリ」と「マキ」の良い真珠ほど価値が高まります。真円に近い丸珠のラウンド系はフォーマル感が強くなります。

 

母貝である黒蝶貝の赤・黄・緑の色素により多彩なカラーバリエーションをもつ黒蝶真珠。中でも最上級ともいわれるピーコックグリーンの色合いをもつ黒蝶真珠は希少な価値をもちます。孔雀のように深い緑色で美しい輝きが特徴です。黒蝶真珠には、さまざまな色合い、サイズがあります。どんなシーンで身に着けたいか、ご自身の肌やお顔映りの良いカラーはどんな色合いか、ご試着しながらお好みの真珠をお選びください。

 

 

【関連記事はこちら】

パールのお話② 「あなたの黒は何色?」

教えて!冠婚葬祭のジュエリーマナー

 

当店は、「テリ・マキ・キズ・色・サイズ・形」の6つの視点で厳選したパールジュエリーを多数取り扱っております。自然の贈り物パールの魅力を手にとってご覧いただければと思います。パールは、女性にとっては欠かせない大切なジュエリーです。大人の女性のたしなみとして人生を彩る素敵なジュエリーを身に着けていただければと思います。

お客さまの魅力を引き立てるコーディネートしやすいパールジュエリーをご提案してまいります。皆様のご要望をきちんとお聞きしながら、ご満足のいく真珠選びのサポートを致しますので安心してご相談ください。