50代にオススメ!ブローチのおしゃれな付け方<後編>

福島県会津若松市の宝飾専門店ジュエリーオースカです。

質の良いパールジュエリーをお探しなら当店にお任せください。

 

当店は、世界に誇れる純国産無調色アコヤ真珠のブランド「WAKANA(和奏)」をはじめ高品質なパールジュエリーを多数取り揃えております。

ご自分へのご褒美や愛用のジュエリーに、お嬢さまやお孫さまの成人や就職、結婚などのお祝い、また19歳や33歳の厄年の贈り物としても最適です。パールはそれぞれに美しい個性をもった宝石ですので、実際にご覧になってお気に入りの逸品を見つけていただければと思います。

 

テリの良い美しいパールを求めて、会津若松市や喜多方市はもちろん福島、郡山市や県内外からもご来店いただいております。

 

 

 

ジャケットやスーツに合わせる際の正しいブローチの付け方

 

ブローチといえば、ジャケットやスーツなどの襟や胸元に合わせるイメージをもたれる方も多いと思います。いざ、ブローチを付けてみたものの、この位置で本当にあってるのかしらと心配になったことはありませんか。

 

特に、入学式や卒業式などのセレモニーシーズンは、ブローチの付け方についてご相談をいただく機会が増えます。たくさんの保護者の方と接する場面では、大人の女性の嗜みとしてきちんとした装いを心がけたいものです。まずは、基本となるブローチの付け方についておさらいしていきましょう。

 

ブローチを付ける位置に特に決まりはありませんが、フォーマルな場面では、ブローチは左側に付けるのが一般的です。昔から勲章やバッジなどを左胸に付けていたことから、フォーマルなシーンに適しているというイメージがあります。また、人は自然と右側に視線が向きやすいといわれているため、ご自身の左側にブローチを付けることで、相手から見た時に、ブローチが引き立つようになります。

 

続いて、左側のどの辺りにブローチを付けるかについてですが、小ぶりなブローチの場合、耳の下から鎖骨がクロスする位置に付けるとお顔周りにブローチが映えてとても美しくみえます。大きめのブローチの場合は、鎖骨の位置は変えずに、少し外側に付けると安定感が増してバランスが取りやすいでしょう。ブローチを付ける際には、鏡を見ながら正しい位置を確認して付けていただくことをオススメします。

 

 

いつものコーディネートに変化を!個性的にブローチを取り入れる

リボンタイの襟元にパールブローチで優雅に

ウエストマークにブローチでスタイルアップ

ブローチは、フォーマルシーンだけではなく、日常使いにも取り入れることができる便利なアイテムです。ちょっとしたコツを意識することで、よりおしゃれにブローチを楽しむことができます。

 

例えば、お洒落着の定番ワンピース。ワンピースは一枚で着られる便利なアイテムですが、ワンポイントでコーディネートを格上げしたい場合は、ブローチを取り入れるのがオススメです。シンプルなワンピースの襟元にブローチを付けると華やかさがプラスされます。また、リボンやベルト付きのワンピースには、ウエストラインにブローチを付けることでスタイルアップ効果を期待できます。

 

襟付きのシャツやボウタイブラウスには、襟の真ん中あたりにブローチを付けると、ブローチの存在感が増し、お顔周りがパッと華やぎます。

温度調整できる羽織ものとして人気のカーディガン。ボタン代わりにブローチを前に留めるのもお洒落でステキです。デニムジャケットなどには、ブローチの複数使いもオススメです。大小のブローチを組み合わせて遊び心を持たせておしゃれを楽しみましょう。

 

ブローチは付ける位置や向きによっても印象が変わります。鏡で見ながら、ブローチの位置や向きを調整してくださいね。

 

 

洋服への負担を軽くするブローチの付け方とテクニック

ブローチを付ける際に、大切な洋服に穴を開けるのが心配という方もいらっしゃると思います。ちょっとしたテクニックを取り入れることで、洋服への負担を減らすことができます。

 

洋服の裏に布地を当てて裏打ちする

洋服の裏側にフェルトやハギレなどの布地を一枚あててからブローチの針を通すことで、洋服への負担が軽くなります。また、ブローチを付ける際に、ニット類等はしっかりとすくってから運針をすることで、ブローチが下がることなく、納まりも良くなり安定します。

 

リボンにブローチを付けて首元に巻く

洋服に穴を開けたくないという場合には、リボンにブローチを付けて、リボンを首元に巻いて付けるという方法もあります。この方法は、ブローチをネックレスのように着けることができ、おしゃれな印象を与えることができます。

 

 

ワンポイントで差をつける! 帽子やバッグにブローチ

 

ブローチは、洋服以外にも、スカーフやマフラー、帽子やバッグなどのファッション小物に付けることで、アクセントを加えることができます。洋服に穴を開けるのに抵抗があるという場合には、スカーフやマフラーのワンポイントにブローチを取り入れてみてはいかがでしょうか。首元に結んだスカーフの結び目にブローチを付けることで優雅で洗練された印象になります。

 

帽子やバッグなどにブローチを付けるのもオススメです。落ち着いた色合いの帽子やバッグにブローチを付ければ程よいアクセントとなってくれそうです。ブローチを帽子に付ける際には、耳の上辺りにブローチを着けるとお顔周りが華やぎます。

 

知れば知るほど奥深い魅力を感じるブローチ。ブローチは、使い方次第で様々な表情を見せてくれます。自分だけでブローチを選んだりコーディネートするのが難しいという方は、マダムオースカにぜひご相談ください。ご自身の魅力を引き立ててくれる素敵なブローチを一緒に見つけていきましょう。

 

 

当店は、「テリ・マキ・キズ・色・サイズ・形」の6つの視点で厳選したパールジュエリーを多数取り扱っております。自然の贈り物パールの魅力を手にとってご覧いただければと思います。パールは、女性にとっては欠かせない大切なジュエリーです。大人の女性のたしなみとして人生を彩る素敵なジュエリーを身に着けていただければと思います。

お客さまの魅力を引き立てるコーディネートしやすいパールジュエリーをご提案してまいります。皆様のご要望をきちんとお聞きしながら、ご満足のいく真珠選びのサポートを致しますので安心してご相談ください。

 

【関連記事はこちら】

50代にオススメ!絶対失敗しないブローチの選び方<前編>

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30