パールネックレスのリフォーム例

福島県会津若松市の宝飾専門店ジュエリーオースカです。
ジュエリーのメンテナンス、修理、リフォームはお任せください。

 

創業以来100年以上の歴史をもつ当店では、累計数万件以上のリフォームや修理の実績がございます。他店でご購入いただいたものでも遠慮なくご相談ください。思い出のあるジュエリーは、メンテナンスや修理を行うことで末永くご愛用いただけます。
また、リフォームによって新たな命を吹き込まれたジュエリーは次の世代へと受け継がれていきます。

会津若松市、喜多方市はもちろん、福島、郡山市や県内外からも多くの方が修理やリフォームの相談でご来店いただいております。

 

パールネックレスの長さと珠の大きさ

 

パールのネックレスは長さによってネーミングが異なり、着けたときの雰囲気が全く変わります。

長さが35センチのパールネックレスを「チョーカー」、40~45センチぐらいまでのサイズのものを「プリンセス」と呼びます。首元にすっきりとおさまり、フォーマルにもカジュアルにも幅広く楽しめます。チョーカーは体型や首の太い人・細い人ではネックレスラインが異なるため、35cmの長さというよりは、首にぴたりと沿う長さをチョーカーネックレスと呼んでいる場合がほとんどです。

少し長めの、長さ50~60センチ程度のものを「マチネ」と呼びます。「マチネ」とはフランス語でミュージカルや演劇などの昼の公演を指します。欧米の昼間の社交界でよく用いられ、ワンピースやハイネックのスタイルと合わせると上品な装いとなります。着けると鎖骨の少し下まで掛かる長さです。

もう少し長めの、長さ7080センチのものを「オペラ」と呼びます。欧米の社交界で夜のパーティなどのシーンで多く用いられ、長さにボリュームがあるので、ドレッシーな装いにぴったりです。80センチの長さがあると、2連にしても使うことができ、華やかな雰囲気です。ロングパールネックレスは2連使いができるので、その日の気分でロングにしたり2連にアレンジしたりと使い分けることで、雰囲気が変わって、楽しみ方が広がりますね。

長さ107センチ以上のものを「ロープ」と呼びます。オペラよりもボリューム感たっぷりのネックレスでカジュアルからフォーマルまでどんな装いにも似合う優れもの。長さの異なる2連巻きにしたり、ねじって結ぶなどおしゃれに遊ぶことができるので、上級者向きです。

 

パールの粒の大きさは真珠の元になる「核」のサイズによって変わります。小さい粒には小さい核を使い、大きな真珠には大きな核を使っています。粒の大きさで真珠の価値は決まるわけではなく、真珠層の厚み、テリ、輝きの良さが大切です。

5ミリ以下のサイズのパールはベビーパールと呼ばれています。小粒なベビーパールはカジュアルな印象になり普段使いに最適です。結婚式、入学式、卒業式などフォーマルな場には7.58.5ミリサイズのアコヤ真珠のネックレスが地味過ぎず、派手過ぎず、手頃なサイズでおすすめです。

 

 

スタンダードな一連ネックレスをリフォーム

「チョーカー」や「プリンセス」などスタンダードでポピュラーな長さの真珠のネックレス、1本は用意しておきたいですが、もしお母様の残されたネックレスなど同じサイズのネックレスがもう1本ある場合は、長さを変えてリフォームすると、全く違った印象のネックレスに変身させることができます。長さ60センチの「マチネ」に変えると、おしゃれ度もアップし楽しみ方も広がります。

 
 

デイリーにも使いやすいステーションネックレスに

日常使いにもこれ一つでおしゃれ度アップ♪

チェーンの色を変えたり、パールの間にあしらう

宝石を変えたりアレンジは無限大。

ご自身のお好みの色や雰囲気に合わせて

オリジナルのステーションネックレスがお作りできます♪

 

一連のスタンダードなパールのネックレスをデイリー使いしやすいステーションネックレスに変えてみるのもお勧めです。
ステーションネックレスは、パールや天然石をチェーンの間に等間隔に配するネックレスのこと。ステーションとは英語で「駅」を表しますが、地図で見るとチェーンが鉄道、パールやストーンを駅のように配置するという意味合いです。ステーションネックレスは他のジュエリーとも合わせやすいので、重ね着けなどにも重宝し、1本持っているとコーディネートも広がります。チェーンの合間にパールを配置していくので、好きな長さに変えることができます。

 
 

 チョーカーをつないでロングネックレスに

 

長さが40センチのスタンダードな長さのチョーカータイプのネックレスを2本つなぐと80センチの「オペラ」にアップデートすることができます。「オペラ」は2連でも使用することができ、その日の気分で1連、2連と変化を楽しめる優れもの。ロングで使えばカジュアルに、2連で使えばゴージャスにと変身する使い勝手のよい、お気に入りのアクセサリーになること請け合いです。また、残りの珠でブレスレットもお揃いで作られても素敵ですね。

 

 

リフォームして余った真珠でピアスやリングを

 

スタンダードな40センチのパールのネックレスをステーションネックレスにリフォームする場合など、何粒かパールが余ってしまう場合があります。そんなときは、そのパールを使ってピアスやリングにすることもできます。ピアスやリングにしても、ネックレスと同じ色味の真珠なので、コーディネートもしやすく、おしゃれの幅もぐんと広がります。

 

 

【関連記事】

マダムオースカのパール着けこなし①

マダムオースカのパール着けこなし②

マダムオースカのパール着けこなし③

パールのお話④ 「パールネックレスのシーン別 いろいろ」

 

当店でリフォームされたお客さまの喜びの声

 

当店にはジュエリーコーディネーター、リモデルカウンセラー1級などの資格を持つ専門家が揃っています。初めてのリフォームや大切な思い出のあるジュエリーをリフォームするのは緊張したり勇気のいるものです。皆様の疑問や不安に思うこともきちんとお聞きし、誠意をもって対応してまいりますのでご安心ください。大切な思いのこもったジュエリーに新しい命を吹き込み、お客さまの想いを形にするお手伝いをいたします。お客さまの人生を豊かにするハッピープロデューサーとして笑顔になっていただけるジュエリーをご提案してまいります。