結婚指輪で人気のデザイン・形は?

福島県会津若松市の「結婚指輪・婚約指輪専門店」ジュエリーオースカです。

当店は、世界で最も美しいダイヤモンド「ラザールダイヤモンド」をはじめ、品質の良い商品を多数取り揃えております。

プロポーズ男子サポートマスターが常駐しており、今まで累計10,000組以上の先輩カップルを応援してまいりました。購入後のメンテナンスやアフターサービスも責任をもって対応していますので安心してお任せください。

会津若松市、喜多方市はもちろん、福島、郡山市や県内外からもたくさんのカップルの皆様にご来店いただいております。

 

お2人の好きなテイストの結婚指輪を探してみましょう

 

女性だけが身に着ける婚約指輪と異なり、結婚指輪は夫婦となったお2人が、一生涯にわたって共に身に着ける特別な指輪です。購入する前に結婚指輪についてお互いに理解を持ち、2人が共に満足できる指輪を選びたいですね。

 

結婚指輪にはさまざまなテイストがあります。日常生活で身に着けやすいシンプルなデザイン、個性的なかっこいいものなど種類もさまざま。可愛いデザインが好み、会社でもさりげなく身に着けられる上品なタイプがいいなど、お2人それぞれ、結婚指輪に対する思いや希望について話し合ってみましょう。

 

可愛いテイストがいいという女性に対し、シンプルなデザインが良いなど男性の意見が異なる場合もあるかもしれません。お2人が全く同じデザインの結婚指輪をしなければいけないという決まりはありません。それぞれ好みの指輪を選ぶというのもOKです。

 

どちらか一方が我慢をするのではなく、結婚指輪の好みや希望を話し合うことで、よりお2人の心の距離感が縮まることにも繋がることでしょう。

 

見た目の印象が変わるリングの形

 

結婚指輪のリングの形には、「ストレート」「ウェーブ」「V字型」「U字型」といった種類があります。それぞれに着用感も異なれば、指との相性もあり、見え方も違います。

 

ストレートのリングはシンプルなので飽きがこないという利点があり、人気があります。ストレートのデザインはリングの幅を変えることで印象も変わります。細いリングは華奢な印象を与え、太い幅のリングはしっかりした雰囲気となりますので、ストレートでも幅を変えることによって、デザイン性を楽しむことができます。

 

ウェーブタイプは、指輪がS字を描くような流線型のイメージです。流れる曲線が美しく、ストレートデザインに比べると指への密着感が増し、指輪を着けなれていない方にもおススメです。ウェーブはエレガントさ、優美さを演出してくれて、上品な印象となります。

 

V字型の指輪は、クールでシャープな印象。存在感もありますから、他の人とは違った結婚指輪がしたいというカップルにおススメ。スッキリとしたV字ラインは指を細く見せてくれる効果もあります。

 

U字型のデザインはV字ラインほどシャープな印象ではなく、指をほっそりと見せたいけれど、V字はシャープ過ぎてちょっと、という場合にぴったりです。穏やかなやさしい雰囲気でありながら、指のコンプレックスをカバーしてくれるデザインです。

 

 

結婚指輪にダイヤモンドを入れるなら

 

最近は、結婚指輪にダイヤモンドの入ったデザインを選ぶ女性が増えています。ダイヤモンドがあしらわれた結婚指輪は華やかさと特別感がありますね。ダイヤモンドありの結婚指輪は手元を華やかに彩り、フォーマルなシーンでも活躍してくれます。

 

アームのセンターにメレダイヤをさり気なくあしらうシンプルなデザインなら普段使いにも最適です。

男性の場合も結婚指輪に黒ダイヤモンドのメレダイヤを中央にあしらう人も増えています。深い色合いのブラックダイヤモンドは上品で落ち着いた魅力があります。

 

外側の見える場所ではなく、指輪の内側にインナーストーン(内石)としてダイヤモンドを入れるカップルもいます。シークレットストーンとも呼ばれ、指輪の内側にひっそりと入れることができます。

 

また、結婚指輪のインナーストーンに誕生石を入れることもできます。誕生石は守護石ともいわれ、お守りとしての意味合いもあり、身に着けることで願いが叶うともいわれています。見えない場所に石を埋め込むことでお守りを身に着けているような安心感と2人で秘密を共有するようなわくわく感もあります。

 

内石ならば男性も抵抗なく入れることができますし、お2人の指輪のデザインが違っていたとしても、インナーストーンでペア感を持つこともできます。

 

優雅な装飾で人気のミル打ち加工とは?

 

指輪のミル打ちとは、指輪の縁や石の周りなどに小さな玉模様を打ち込む加工法でミルグレインとも呼ばれます。玉模様の一つひとつが光を反射し、指輪がキラキラと美しく映えます。

 

ラテン語で「千の粒」を意味する「ミルグレーション」が言葉の由来で、「永遠」「長寿」など縁起のよいイメージがあります。

ミル打ちはヨーロッパに古くから伝わる装飾技法であり、クラシカルで上品な印象を与えます。またミル打ちを施した指輪は平らな部分が少ないため、傷がつきにくいというメリットがあります。

 

ミル打ちされた面が光を反射し、無数のダイヤモンドが輝いているような印象となり、優雅で華やかな雰囲気の指輪になります。シンプルな結婚指輪でも、ミル打ち加工を施すと素敵なアクセントとなります。

  

 

当店は、ブライダルリング販売後のメンテナンスやアフターフォローも充実しております。
プロポーズをしたい男子の方、ブライダルリングをお探しのカップルの方、下見をかねてお気軽にご相談ください。
プロポーズ男子サポートマスターをはじめとする全スタッフで、あなたのプロポーズ成功や生涯の宝物となるブライダルリング探しのサポートをいたします。

 

結婚指輪を探す

婚約指輪を探す

 

【関連記事はこちら】

幸せカップルの指輪選びエピソード

結婚指輪はプラチナ派?ゴールド派?