夏もジュエリーを楽しみたい!気をつけたいお手入れ方法は?

福島県会津若松市の宝飾専門店ジュエリーオースカです。
ジュエリーのメンテナンス、修理、リフォームはお任せください。

 

創業以来100年以上の歴史をもつ当店では、累計数万件以上のリフォームや修理の実績がございます。他店でご購入いただいたものでも遠慮なくご相談ください。思い出のあるジュエリーは、メンテナンスや修理を行うことで末永くご愛用いただけます。
また、リフォームによって新たな命を吹き込まれたジュエリーは次の世代へと受け継がれていきます。

会津若松市、喜多方市はもちろん、福島、郡山市や県内外からも多くの方が修理やリフォームの相談でご来店いただいております。

 

ジュエリーの汗対策!きちんとお手入れをして美しい輝きを楽しみましょう

 

装いにアクセントを加えてくれるジュエリー。Tシャツやノースリーブなどラフな格好が多くなる夏。シンプルな装いもネックレスやイヤリング(ピアス)、リングをプラスすることでコーディネートが見違えるようにアカ抜けた印象に。コーディネートのジュエリーを替えると、見た目の印象も大きく変わります。

 

一方で、日差しの強い夏場は、汗をかいたり日焼け止めクリームを使ったりするため、素肌に直接身に着けるジュエリーにも一段と気を配りたいところです。ジュエリーに合った適切なメンテナンスをしながら、清潔感のあるジュエリーの装いを楽しみましょう。

 

 

セルフケアでジュエリーを清潔に保ちましょう

リングやネックレスなど地肌に着けることの多いジュエリーは、どんなに気をつけていてもリングの腕やチェーンの隙間などに皮脂やこまかい汚れが付着してしまうものです。ご家庭で一番手軽にできるお手入れとしては、使った後は必ず柔らかい布で拭いてからしまう習慣をつけましょう。

 

特に、化粧品や日焼け止めクリーム、ヘアスプレーなどに含まれている油分は、ジュエリーの輝きをにぶらせてしまうことも。お出掛けの際には、メイクやヘアセットが終わってから、一番最後にジュエリーを身に着けると、ヘアスプレーなどがジュエリーに直接かかる心配も防ぐことができます。

そして、お出掛けから帰ってきた時には、一番最初にジュエリーを外し、きちんと布で拭いてから宝石箱にしまいましょう。

 

 

ダイヤモンドなどの輝きがくすんできたと感じたら?

 

毎日愛用しているリングやネックレスについている宝石の輝きが鈍くなっていると感じたことはありませんか? 

それは、油系による汚れが原因かもしれません。まばゆい輝きが人気のダイヤモンド。強い陽射しにも映えるダイヤモンドのジュエリーは夏も大活躍してくれます。 

 

ダイヤモンドは、親油性といわれる、油を吸着しやすい性質をもっているため、ちょっとした汚れでも表面に付着してしまいます。ダイヤモンドについた皮脂や化粧品をそのままにしておくと、輝きがくすんできたり色あせを感じたりすることも。

 

ジュエリーの使用頻度や汚れに合わせて適切にクリーニングを行いましょう。ご家庭でできる方法としては、ボウルなどの清潔な容器に水かぬるま湯を用意して中性洗剤を数滴入れて洗浄液を作ります。細かい細工の部分は、歯ブラシなどで優しくこすると汚れも落ちやすくなります。汚れを落としたら洗剤を水で洗い流して布で拭き、しっかりと乾かしましょう。

 

ご自身でお手入れするのは、ちょっと不安……。そんな場合は、メンテナンスを兼ねてお店にご相談ください。ジュエリー専用の超音波洗浄機やイオン洗浄機を用いてジュエリークリーニングを行います。

 

また、使用頻度の高いジュエリーは、汚れ以外にも地金に小傷がついていたり、リングの爪がすり減っていたりする場合もあります。そのような時は、ジュエリークリーニングと一緒に磨き直しや爪の作り直しなどの修理も承っておりますのでご安心ください。

 

特に爪がゆるくなっている場合は、石とれの心配などもありますので、早めにご相談ください。宝石の種類によっては、ご家庭での手入れが難しいものもありますので、心配な場合は店頭にお持ちくださいね。

 

 

《宝石の特徴を理解して、適切なお手入れを行いましょう》

ダイヤモンド、サファイア、ルビー、アクアマリンなど

水や中性洗剤を用いての洗浄が可能な宝石です。

 

金・プラチナ

水や中性洗剤を用いての洗浄が可能です。水気を帯びたまま放置しておくと酸化の原因になるので、しっかりと乾かしてからしまいましょう。

  

エメラルド オパール

熱に弱く、割れやすい宝石なので取り扱いに注意が必要です。

柔らかい布で軽く拭くようにしましょう。

 

 パール、珊瑚(サンゴ)、琥珀(コハク)

有機物でできている宝石は、酸やアルカリに弱いので、皮脂や化粧品などの汚れがついたら乾いた布で軽く拭きとりましょう。

 

  

パールネックレスの糸が緩んでいませんか?

卒入園式、卒業式や入学式などでお使いになったパールネックレス。使ったまま、しまいっぱなしになっていませんか? 
パールネックレスは、糸が緩んで真珠と真珠の間に隙間が見えるようになったら糸替えのサインです。「最近は使っていないから大丈夫!」との声もお聞きしますが、頻繁にお使いになっていなくてもパールネックレスの糸は経年劣化するもの。3年に一度はパールのメンテナンスも兼ねて糸替えをすることをお勧めいたします。

 

夏休みを利用して帰省を予定している方もいらっしゃると思います。お盆にご親族で法事やお墓参りに出掛ける際には、パールネックレスや念珠の出番です。いざというときに困らないためにも定期的なメンテナンスでネックレスの状態を確認しておくと安心です。

 

 

結婚指輪をしたままプールや海、温泉に入っても大丈夫?

 

プールや海、温泉旅行など楽しいレジャーが豊富な夏のシーズン。結婚指輪などは、一日中着けたままという方も多いと思います。温泉に含まれている硫黄、お風呂で使う入浴剤やシャンプーに用いられる硫化ナトリウムは、金属の種類によっては、変色・変質の原因になるので注意が必要です。

 

プラチナやゴールドは、純度の高いものは変色の心配はほとんどありません。しかし、結婚指輪にプラチナやゴールドを使う場合、硬度を高めるために、銀や銅、パラジウムなどの割り金を使用することもあります。

 

割り金で使う銀や銅は、硫黄や硫化ナトリウムに反応して黒ずんだり変色する場合もあります。特にピンクゴールドは、銅の割合が多いので変色の心配もあり、温泉などに入る場合は必ず外してから入るようにしましょう。

 

海やプールも純度の高いプラチナの場合は変色などの問題はありませんが、海水の塩分が付着して汚れの原因になることもあります。また、万が一指輪が外れて紛失してしまったということになったら大変ですので、海やプールに入る際にはリングは外しておきましょう。

 

 

当店にはジュエリーコーディネーター、リモデルカウンセラー1級などの資格を持つ専門家が揃っています。初めてのリフォームや大切な思い出のあるジュエリーをリフォームするのは緊張したり勇気のいるものです。皆様の疑問や不安に思うこともきちんとお聞きし、誠意をもって対応してまいりますのでご安心ください。大切な思いのこもったジュエリーに新しい命を吹き込み、お客さまの想いを形にするお手伝いをいたします。お客さまの人生を豊かにするハッピープロデューサーとして笑顔になっていただけるジュエリーをご提案してまいります。

最新情報更新中‼→《当店でリフォームされたお客さまの喜びの声を紹介しています!》

 

【関連記事はこちら】

ジュエリーの修理・リフォーム・新品仕上げとは?

まとめてリフォームしてジュエリーをよみがえらせる