ブライダルリングと左手薬指の深い関係

福島県会津若松市の「結婚指輪・婚約指輪専門店」ジュエリーオースカです。

当店は、世界で最も美しいダイヤモンド「ラザールダイヤモンド」をはじめ、品質の良い商品を多数取り揃えております。

プロポーズ男子サポートマスターが常駐しており、今まで累計10,000組以上の先輩カップルを応援してまいりました。購入後のメンテナンスやアフターサービスも責任をもって対応していますので安心してお任せください。

会津若松市、喜多方市はもちろん、福島、郡山市や県内外からもたくさんのカップルの皆様にご来店いただいております。

 

婚約指輪や結婚指輪はどの指に着ける?

 

婚約指輪や結婚指輪、どの指に着けたらいいでしょうか。それは、左手の薬指に着けるに決まっていないの?と思う方が多いと思いますが、実はそうと決まっているわけではありません。

 

一般的には左手の薬指とされていますが、なぜ左手の薬指なのでしょうか。

それは紀元前の古代エジプトからの慣習ともいわれています。左手は右手よりも心臓に近く、薬指は心臓に繋がっている神聖なる指と考えられていました。薬指はアニバーサリーリングをはめる指とされ、何かの記念となる大切な指輪をはめる指となっています。

 

1614年に発表された「ローマ・典礼儀礼書」の中で、結婚指輪は左手にはめることが定められました。右利きの人が多いため、日常的に身に着ける婚約指輪や結婚指輪は利き手ではない左手にはめるのが邪魔にならなくていいということだったようです。絶対に左手でなければいけないということはなく、左利きの人は右手薬指にはめてもOKです。

 

 

婚約指輪と結婚指輪を重ね着けする順番は?

 

最近耳にするようになった「エンゲージカバーの儀式」をご存じですか。結婚式の主役といえば、指輪交換で登場する結婚指輪ですが、結婚指輪を交換した後、改めて新郎が新婦に婚約指輪を贈り、結婚指輪の上に婚約指輪を重ねます。結婚指輪の上に婚約指輪を重ねることで二人の幸せを閉じ込める、そして逃げないという意味合いがあります。この儀式をすることにより、婚約指輪も結婚式の参列者に披露することができます。

 

近年は、結婚後も婚約指輪と結婚指輪を重ね着けする人が増えています。その場合も結婚指輪の上に婚約指輪を重ね、二人の幸せにふたをするという意味合いを持たせるカップルも多いとか。

 

といっても、重ね着けの順番が明確に定まっているわけではありませんので、落ち着きのよい順に重ねるといいでしょう。

また、重ね着けを意識したセットリングは、着けた時のバランスやデザインが美しくなるように考えて作られているデザインが多いです。セットリングの場合は、指輪を重ねる順番によって見栄えが変わるので気をつけましょう。 

 

指輪を着ける指によって変わる呼び名と意味

 

身に着ける指によってリングは呼び名や意味合いが変わってきます。親指に着けるリングはサムリングといいます。親指は他の指に比べて太く、存在感があります。サムリングをすることで自分はこんな存在ですと表現する意味もあります。サムリングはローマ時代から男性に好まれ、イギリス貴族の間でも流行しました。当時は親指にリングをはめることが権力の象徴と考えられていたようです。

 

右手の親指のサムリングはリーダーシップを発揮したい、勝負に勝ちたいときに力を発揮してくれると言われ、左手のサムリングは相手から高い評価を得たいとき、自信を与えてくれると言われています。

 

人指し指につけるリングはインデックスリングと呼ばれています。人指し指は英語でインデックスフィンガーといい、指し示す意味があります。右手人指し指のリングは集中力が高まり、パフォーマンスを上げたいときにはめるといいといわれています。左手人指し指のリングは積極性を高め、目標に向かう向上心を与えてくれるそう。縁結びの意味合いもあります。

 

中指にはめるのはミドルフィンガーリング。中央に位置する中指はひらめきの象徴とされています。インスピレーションを高め、仕事のお守りにも。右手中指のリングは直感力を高め、よい運気を呼び込み、左手中指のリングはスムーズな人間関係をサポートしてくれるとされます。

 

小指のリングはピンキーリング幸運や恋のチャンスを呼び込むリングで、右手小指のリングは自分らしい魅力をアップし、左手小指のリングは新しい出会いや変化をもたらしてくれるといわれます。

 

 

海外では右手に婚約指輪を着ける国も

世界を見渡すと、婚約指輪をはめる指も国によって異なります。スペインやオーストリア、ドイツ、ギリシアは婚約指輪が左手薬指、結婚指輪は右手の薬指となっています。ロシアでも右手の薬指に結婚指輪をはめるのが一般的です。中国も婚約指輪を左手に、結婚指輪は右手に着けるそう。ヒンドゥー教徒が多いインドでは、左手は不浄の手とされており、結婚指輪も右手薬指に着けることが多いそうです。着ける指は地域によってそれぞれですね。

 

指輪を着けられない場合はペンダントにしても

世界の国では、それぞれのお国柄で婚約指輪や結婚指輪を着ける指も変わってきます。つまりこれという決まりはないので、固定観念や習慣にとらわれず、自分の着けたい指にするのもOKということです。自分にしっくりくる指にブライダルリングを着けてみてください。

 

仕事柄や職場の決まりで指輪ができないという方もいるかもしれません。そんな場合は指輪を素敵なチェーンに通し、ネックレスとして身に着ける方法もあります。指輪にそのままチェーンを通して楽しむこともできますが、リングが縦向きになったり動いたりして収まりが悪いなと感じる場合は、リングをネックレスに留める専用のアイテムもあるのでご相談ください。

お二人にとって大切なブライダルリング。折角なら毎日身に着けて楽しみたいものですよね。自由な発想でブライダルリングを末永くご愛用いただければと思います。

 

 

当店は、ブライダルリング販売後のメンテナンスやアフターフォローも充実しております。
プロポーズをしたい男子の方、ブライダルリングをお探しのカップルの方、下見をかねてお気軽にご相談ください。
プロポーズ男子サポートマスターをはじめとする全スタッフで、あなたのプロポーズ成功や生涯の宝物となるブライダルリング探しのサポートをいたします。

 

結婚指輪を探す

婚約指輪を探す

 

【関連記事はこちら】

婚約指輪は本当に必要?

結婚指輪と婚約指輪はセットで購入した方がいいの?

幸せカップルの指輪選びエピソード