12月の新誕生石タンザナイトってどんな宝石?

福島県会津若松市の宝飾専門店ジュエリーオースカです。

お誕生日や結婚記念日など特別な一日に、ご家族やご友人への祝福や感謝の気持ちを込めて贈るアニバーサリージュエリー。

見た目の美しさはもちろん、肌身離さず身に着けられるジュエリーは時を超えて輝き続ける特別な贈り物。

ジュエリーオースカは、「ジュエリーで記念日を祝おう」をキャッチフレーズに、生涯にわたるハッピープロデューサーとしてお客さま一人ひとりの大切な記念日をプロデュースいたします。
お客様の「幸せな物語」をつくるお手伝いはジュエリーオースカにお任せください。

会津若松市、喜多方市はもちろん、福島、郡山市や県内外からも多くの方にご来店いただいております。

 

12月の新誕生石タンザナイトって?

2021年の誕生石改定により12月の誕生石に新たに加わったタンザナイト。カラーストーンの中では、ルビーやサファイア、エメラルドに匹敵するほどの人気があり、紫を帯びた深い青色がアフリカの至宝と呼ばれています。タンザナイトは多色性をもっており、自然光の元では群青色に、白熱灯の元では青紫色に変わるのが特徴です。

 

タンザナイトの歴史は、他の宝石と比べるとまだ新しく、1967年、東アフリカのタンザニアで初めて発見されました。キリマンジャロの麓で生活する先住民マサイ族により偶然見つけられたといいます。当初は、見た目が類似していることからブルーサファイアの鉱床が見つかったと期待されていました。

 

しかし、持ち込まれた石を化学分析したところ、ブルーサファイアではなく複雑な化学組成をもった鉱物「ゾイサイト」の変種であることが判明したのです。ゾイサイトは、ブルーの他にもグリーンやピンク、イエロー、グレーなどがあります。その中でブルーのものがタンザナイトと呼ばれています。

 

タンザナイトが発掘されるのは、世界でもタンザニアのメラニ鉱山のみとなっており、希少性の高い宝石となっています。

 

 

タンザナイトの名前の由来は?

ブルーゾイサイトがタンザナイトという名前になった経緯には、ニューヨークのティファニー社が大きく関わっています。ティファニーは、ブルーゾイサイトの主要販売者としてメラニ鉱山と契約を結びます。そこで、ブルーゾイサイトのプロモーション用のコマーシャルネームとして当時の社長、ヘンリー・B・プラットにより「タンザナイト」と名づけられました。

 

メラニ鉱山の背後にそびえ立つアフリカ最高峰のキリマンジャロ。夕暮れになると、青紫色の空が美しい群青色に変化することから、その美しい色の変化を映し出した宝石として「タンザナイト」と命名されたといわれています。

 

20世紀に発見された新しい宝石として米国で大々的にプロモーションが行われると、世界で一躍注目の的となり瞬く間に人気の宝石の仲間入りを果たしました。

 

タンザナイトの石言葉や宝石の意味合いは?

タンザナイトの石言葉には「冷静」「高貴」「知性」「誇り高き人物」などがあります。タンザナイトを身に着けることで、冷静に物事を考え、正しい判断ができるよう導いてくれるといわれています。また、過去の悪い流れを払拭して、良い流れに変えてくれるパワーがあると信じられています。

 

原産国であるタンザニアのマサイ族は、子どもが生まれる時に妻にタンザナイトを贈る習慣があることから新しい人生や出発を祝う贈り物としてもオススメです。

 

タンザナイトを使ったオススメのコーディネートは?

 

洗練された青紫色の輝きが気品を感じさせるタンザナイト。品格と華やかさを兼ね備えた大人の女性にふさわしい宝石です。落ち着いた印象のタンザナイトは、どの地金と組み合わせるかによっても印象が変わります。

 

すっきりと上品に着けこなしたい場合には、プラチナやホワイトゴールドとの組み合わせがオススメです。プラチナの上品な光沢感がタンザナイトの美しいブルーの輝きを引き立ててくれます。凜とした知性を感じさせるブルーの色合いは、きちんとした雰囲気のオフィスカジュアルにも最適です。また、大粒のタンザナイトのネックレスやリングはパーティなどの華やかな席で着用するとゴージャスな印象に。

 

タンザナイトを可愛らしく着けこなしたい場合にはゴールドやピンクゴールドゴールドと組み合わせてみてはいかがでしょうか。
ゴールドやピンクゴールドの暖色系の華やかな輝きが優しい雰囲気を与えてくれます。温かみのあるピンクゴールドは日本人女性に肌なじみが良いのも嬉しいポイント。

 

幻想的な雰囲気をもつタンザナイトのペンダントやリングを取り入れることで、シックな色味が多くなる冬のファッションを華やかに演出してくれます。

 

 

タンザナイトのお手入れ方法は?

タンザナイトのモース硬度は6~7。一見するとサファイアと似ていますが、サファイアよりも硬度が低いので、傷がついたり割れないように注意が必要です。劈開性(へきかいせい)があるので、超音波を利用したお手入れはNG。タンザナイトのお手入れは、基本的には柔らかい布で優しく拭いてあげるだけで大丈夫です。もし汚れが落ちにくい場合には、ぬるま湯に中性洗剤を溶かし、柔らかいタオルやブラシで優しくこすります。洗い終わったら、水でしっかりと洗剤を落とすこと、水気を拭き取り自然乾燥をきちんと行ってから保管するようにしましょう。

 

 

 

当店にはジュエリーコーディネーター、リモデルカウンセラー1級などの資格を持つ専門家が揃っています。皆様の疑問や不安に思うこともきちんとお聞きし、誠意をもって対応してまいりますのでご安心ください。お客さまお一人おひとりの人生を豊かにするハッピープロデューサーとしてお客さまに笑顔になっていただけるジュエリーをご提案してまいります。

 

【関連記事はこちら】

新しい誕生石でお守りジュエリーを作りませんか?

11月の誕生石シトリンの魅力

11月の誕生石トパーズの魅力

10月の誕生石オパールの魅力

10月の誕生石トルマリンの魅力

9月の誕生石サファイアの魅力

9月の新誕生石クンツァイトってどんな宝石?

2024年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31