10月の誕生石トルマリンの魅力

福島県会津若松市の宝飾専門店ジュエリーオースカです。

お誕生日や結婚記念日など特別な一日に、ご家族やご友人への祝福や感謝の気持ちを込めて贈るアニバーサリージュエリー。

見た目の美しさはもちろん、肌身離さず身に着けられるジュエリーは時を超えて輝き続ける特別な贈り物。

ジュエリーオースカは、「ジュエリーで記念日を祝おう」をキャッチフレーズに、生涯にわたるハッピープロデューサーとしてお客さま一人ひとりの大切な記念日をプロデュースいたします。
お客様の「幸せな物語」をつくるお手伝いはジュエリーオースカにお任せください。

会津若松市、喜多方市はもちろん、福島、郡山市や県内外からも多くの方にご来店いただいております。

 

10月の誕生石トルマリンってどんな宝石?

 

多種多様な色合いと強力なパワーをもつ10月の誕生石のトルマリン。トルマリンは、約10種類ほどのグループからなる成分元素が入りまじった鉱物で、その鉱物グループを総称してトルマリンと呼びます。

 

トルマリンの和名は電気石といいます。柱状の結晶の両端がプラスとマイナスで異なっており、熱や摩擦によって静電気が起こると帯電することからその名がつけられたといわれています。

 

トルマリンの最大の魅力は、なんといっても豊富なカラーバリエーションです。宝石の中で、最も多彩な色合いをもつトルマリンは、無色から黒色まで全ての色が揃うともいわれています。さらに、2色の色が混ざったバイカラーやキャッツアイ効果が見られるものなどさまざまな特性をもった宝石です。

 

トルマリンには、 色別にそれぞれ名前が付けられており、ピンク色はピンクトルマリン、赤色はルベライト、 赤紫色はシベライト、 青色はインディゴライト、緑色はベルデライト、 黒色はショール、 無色はアクロアイトと呼ばれています。

 

 

トルマリンの名前の由来は?

トルマリンの名前の由来は諸説ありますが、スリランカのシンハラ語で「混ざり合った」という意味合いをもつ「Toramalli(トルマリ)」に由来しています。その意味合いの通り、トルマリンのもつ多色性から、他の宝石としばしば混同されてきたという歴史があります。美しい発色のグリーン色をしたトルマリンは、ヨーロッパでは長い間エメラルドと間違えられていました。また、ロシアの王冠にはルビーと間違われて赤いルベライトが飾られていたとの逸話も残っています。

 

 

トルマリンの石言葉や意味合いは?

トルマリンの名前の由来は諸説ありますが、スリランカのシンハラ語で「混ざり合った」という意味合いをもつ「Toramalli(トルマリ)」に由来しています。その意味合いの通り、トルマリンのもつ多色性から、他の宝石としばしば混同されてきたという歴史があります。美しい発色のグリーン色をしたトルマリンは、ヨーロッパでは長い間エメラルドと間違えられていました。また、ロシアの王冠にはルビーと間違われて赤いルベライトが飾られていたとの逸話も残っています。

 

 

 

トルマリンの石言葉や意味合いは?

トルマリンの石言葉には「希望」「友情」「広い心」「貞操」などがあります。身に着けることで強いパワーを授けてくれるパワーストーンとしても人気です。多様な色合いをもつトルマリンは、石の色によって異なる力をサポートしてくれるので、目的によって色を変えて楽しむのもオススメです。

 

ピンク色のピンクトルマリンは「愛の石」とも呼ばれており、カップルや夫婦の愛を育む力があるといわれています。赤色は集中力を高め個性を伸ばす力、青色は直観力を高め落ち着いて物事を見極める力、緑色は疲れを癒して幸運や富を育む力、黒は負のエネルギーを避け生命力を高めるといわれています。

 

トルマリンの最高峰「パライバトルマリン」

 

数あるトルマリンの中でも、その美しさと希少価値の高さからプレミア価値をもつのがパライバトルマリン。空と海の青を混ぜたような美しいネオンブルーが特徴的な宝石です。1987年にブラジルのパライバ州で発見されたことからその名がつけられました。

 

それまで知られていたトルマリンとは異なるネオンのように明るい輝きが特徴です。金属元素における銅とマンガン、鉄の影響により蛍光性の強い鮮やかな青色を生み出します。

 

発見後まもなくアメリカの世界最大の宝石展「ツーソンミネラルショー」で初めてお披露目されるとパライバトルマリンのもつ鮮明度が高く評価され、瞬く間に世界にその名が広まりました。

 

発見当初は、ブラジル・パライバ州だけで発掘されていましたが、わずか数年で閉山。その後、隣のリオグランデ・ド・ノルテ州やナイジェリア、モザンピークなどアフリカでも採掘され始めました。良質で大粒なものは少なく、産出量も少ないことから幻の宝石と呼ばれています。

 

 

 

彩り豊かなトルマリンを活用したおすすめのコーディネートは?

 

トルマリンは多彩な色を持つ宝石なので、好みのファッションと組み合わせて様々なスタイリングを楽しむことができます。

 

ピンクトルマリン

可愛らしい上品な輝きが特徴のピンクトルマリン。清潔感のある白いブラウスやワンピースなど女性らしいファッションとも相性抜群です。ピンクトルマリンの優しい色合いがコーディネートを華やかに彩ってくれます。

 

ルベライト

赤いラズベリーのようなみずみずしい輝きが特徴的なルベライト。魅惑的な輝きは、シックで大人っぽいファッションによく映えます。洗練された大人の着こなしの程よいアクセントとなってくれそうです。

 

インディゴライト(ブルートルマリン)

サファイアのような濃いインディゴブルーが特徴的なインディゴライト。日本の藍染の青色にも似た深いブルーが上品で落ち着いた風情を感じさせてくれます。ニットやデニムなどカジュアルな装いも品よくまとまります。

 

ベルデライト(グリーントルマリン)

鮮やかな緑色が艶っぽいグリーントルマリン。心とカラダに癒しを与えてくれるパワーストーンとしても知られるので、ご自身のお気に入りのファッションと合わせてお守りのように身に着けてみるのもオススメです。

 

 

トルマリンのお手入れ方法は?

トルマリンのモース硬度は7~7.5。比較的扱いやすい宝石ですが、トルマリンのもつ性質を理解しておくとお手入れも安心です。トルマリンは、摩擦によって電気を帯びる性質があるため、大気中に浮かぶホコリや紙片を磁石のように引き寄せてしまうことがあります。ジュエリーについた汚れが気になる場合は、乾いた布でやさしく拭きとりましょう。また、トルマリンの中には熱処理や染色を施した石もありますが、そのような石は紫外線の影響を受けやすく色落ちしやすいため注意が必要です。紫外線に長時間さらすと変色するおそれがあるため、直射日光を避けて保管しましょう。

 

 

当店にはジュエリーコーディネーター、リモデルカウンセラー1級などの資格を持つ専門家が揃っています。皆様の疑問や不安に思うこともきちんとお聞きし、誠意をもって対応してまいりますのでご安心ください。お客さまお一人おひとりの人生を豊かにするハッピープロデューサーとしてお客さまに笑顔になっていただけるジュエリーをご提案してまいります。

 

 

【関連記事はこちら】

9月の誕生石サファイアの魅力

9月の新誕生石クンツァイトってどんな宝石?

8月の誕生石サードニクス(オニキス)の魅力って?

希望と幸運をもたらすペリドットの魅力

8月の新誕生石スピネルってどんな宝石?

7月の新誕生石スフェーンってどんな宝石?

7月の誕生石「ルビー」の魅力

6月の新誕生石「アレキサンドライト」ってどんな宝石?

6月の誕生石、パールの魅力

6月の誕生石ムーンストーンの魅力は?

新しい誕生石でお守りジュエリーを作りませんか?

5月の誕生石「エメラルド」の魅力

4月の新誕生石「モルガナイト」ってどんな宝石?

2023年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31