9月の誕生石サファイアの魅力

福島県会津若松市の宝飾専門店ジュエリーオースカです。

お誕生日や結婚記念日など特別な一日に、ご家族やご友人への祝福や感謝の気持ちを込めて贈るアニバーサリージュエリー。

見た目の美しさはもちろん、肌身離さず身に着けられるジュエリーは時を超えて輝き続ける特別な贈り物。

ジュエリーオースカは、「ジュエリーで記念日を祝おう」をキャッチフレーズに、生涯にわたるハッピープロデューサーとしてお客さま一人ひとりの大切な記念日をプロデュースいたします。
お客様の「幸せな物語」をつくるお手伝いはジュエリーオースカにお任せください。

会津若松市、喜多方市はもちろん、福島、郡山市や県内外からも多くの方にご来店いただいております。

 

9月の誕生石サファイアってどんな宝石?

 

深い青色の輝きが魅力的な9月の誕生石サファイア。その美しい輝きと希少性の高さからダイヤモンドやルビー、エメラルドに並び世界4大宝石の一つとして数えられています。

サファイアがもつ美しい青色は、澄んだ青空や海にたとえられ、平和や希望をもたらす象徴として人々に愛されています。

 

サファイアはルビーと同じ鉱物コランダムに属しています。コランダムのうち微量の酸化クロムが入ると赤いルビーとなり、鉄やチタンが入ると青いサファイアになります。

 

古代ペルシャ時代には、大地を支える石として崇拝されていたサファイア。空が青いのは地上を支えるサファイアの輝きを反映しているからだといわれ、神に最も近い宝石と崇められていました。

 

その伝説が示すように、サファイアは古くから神聖な宝石として扱われてきました。旧約聖書の『出エジプト記』の中には、神がモーゼに捧げた十戒の2枚の石版が、サファイアでできていたと記されています。そのため、サファイアは賢者と聖職者にこそふさわしい石とされ、聖職者達は神に仕えるシンボルとして右手にサファイアのリングを身に着けていたといわれています。

 

 

サファイアの石言葉や意味合いは?

サファイアの石言葉には、「誠実」「慈愛」「徳望」「忠誠」「成功」などがあります。赤い輝きが情熱の炎とたとえられるルビーに対し、サファイアは冷静で穏やかに愛情を育む誕生石といえるでしょう。

 

青い輝きが特徴のサファイアは、幸運を招くサムシング・ブルーのアイテムとしても人気があります。サムシング・ブルーは、花嫁が結婚式に身に着けると幸せになれるおまじない「サムシング・フォー」の一つです。聖母マリアの象徴でもある青色は、花嫁の純潔で清らかなイメージを表すともいわれています。

誠実で一途な愛を象徴する宝石として親しまれており、結婚指輪の内側に入れたり、婚約指輪にあしらうなどブライダルリングにサファイアをアレンジする方も多いです。

 

また、サファイアの青色には心を落ち着かせ、集中力を高めてくれる効果があるともいわれています。叶えたい目標や夢がある方には、成功を後押ししてくれるパワーストーンとしてもオススメです。

 

 

サファイアがもつ多彩なカラーバリエーション

 

サファイアといえば青色の輝きをイメージされる方も多いと思いますが、実は青色以外にもピンク、イエロー、オレンジ、グリーン、ヴァイオレットなど多彩な色合いがあり、それらを総称してファンシーカラーサファイアといいます。

 

サファイアの鉱物コランダムは、本来無色透明ですが、そこに微量の鉄やチタン、ニッケルなどの元素が加わることでさまざま色に変わります。

 

 

ファンシーカラーサファイアの中でも、オレンジ色とピンク色の中間の色合いをしたサファイアのことをパパラチアサファイアといいます。パパラチアは、サンスクリット語で「蓮の花」という意味合いをもっており、蓮の花のような優しい色が特徴です。(幻の宝石「パパラチアサファイア」に魅せられて

 

パパラチア・サファイアの産出国であるスリランカでは、その神秘的な色合いからインド洋に沈む夕陽の色にもたとえられ、その儚い美しさと希少性の高さから幻の宝石と呼ばれています。

 

 

サファイアを使ったオススメのコーディネートは?

 

深いブルーの輝きから知的で大人の魅力を引き出してくれるサファイア。凛とした気品と優雅さを与えてくれるサファイアは、コーディネートに加えることで、洗練された大人の印象を与えてくれます。

 

シンプルな装いに合わせれば、コーディネートの程よいアクセントとなってくれることでしょう。カーキやブラウン、マスタードイエローなどこっくりとした深い色合いのファッションが増えてくる秋冬には、濃いブルーの輝きを放つサファイアのペンダントやリングが優雅に映えます。

 

知的な印象を与えてくれるサファイアはビジネスシーンにも最適です。シャツやスーツなど少しカッチリしたスタイルにも程よい華やかさを加えてくれます。勝負運や仕事運を高めてくれる宝石ともいわれているので、昇格試験や大事な商談などここぞという時のお守りとして身に着けておくのもオススメです。

 

サファイアの産出国は?

サファイアの主な産地には、カシミール、スリランカ、ミャンマー、マダガスカル、オーストラリアなどがあり、産地によってサファイアの色や輝きも異なります。ブルーサファイアの中でも最高級の宝石として知られているインド・カシミール産のカシミールサファイア。コーンフラワーブルーと呼ばれる、柔らかく濃いブルーが特徴です。コーンフラワーブルーと並び、最高級サファイアと称されているのがミャンマーのモゴック鉱山で採れるロイヤルブルーサファイア。ミャンマー産のサファイアは大粒で非常に美しい色をもっており、透明度が高く深い青色の輝きが人気です。

 

スリランカ産のサファイアは、カワセミブルーと呼ばれる紫がかった青色と透明感のある輝きが特徴です。アフリカ北部の大きな島に浮かぶマダガスカル。マダガスカルでは、コーンフラワーブルーに匹敵する質の高いサファイアが採れることでも有名です。

 

 

結婚45周年を祝う「サファイア婚式」で人気の贈り物は?

これまで共に築いてきた夫婦の絆をお祝いする結婚記念日。普段なかなか言えない感謝の気持ちを伝えたり、お互いの絆を実感する大事な節目です。結婚記念日には重ねた年数によって異なる呼び方があり、結婚結婚45周年はサファイア婚式と呼ばれています。

 

「誠実」「慈愛」「一途な愛を貫く」などの石言葉をもつサファイアにちなんで、長年寄り添ってきた二人の誠実な愛をお祝いするという意味合いが込められています。また、サファイアはダイヤモンドに次ぐ硬い石であることから夫婦の固い絆を示すともいわれています。

 

サファイア婚式では、その名にちなんでサファイアを使ったジュエリーを贈るのが定番です。長い年月を共に過ごしてきたお互いをねぎらう気持ちと感謝を込めて大切なパートナーにふさわしいサファイアのジュエリーを贈ってみてはいかがでしょうか。

年齢を重ねても肌になじむ落ち着いた輝きは、永く愛されるアニバーサリージュエリーとなってくれることでしょう。

 

 

当店にはジュエリーコーディネーター、リモデルカウンセラー1級などの資格を持つ専門家が揃っています。皆様の疑問や不安に思うこともきちんとお聞きし、誠意をもって対応してまいりますのでご安心ください。お客さまお一人おひとりの人生を豊かにするハッピープロデューサーとしてお客さまに笑顔になっていただけるジュエリーをご提案してまいります。

 

【関連記事はこちら】

9月の新誕生石クンツァイトってどんな宝石?

8月の誕生石サードニクス(オニキス)の魅力って?

希望と幸運をもたらすペリドットの魅力

8月の新誕生石スピネルってどんな宝石?

7月の新誕生石スフェーンってどんな宝石?

7月の誕生石「ルビー」の魅力

6月の新誕生石「アレキサンドライト」ってどんな宝石?

6月の誕生石、パールの魅力

6月の誕生石ムーンストーンの魅力は?

新しい誕生石でお守りジュエリーを作りませんか?

5月の誕生石「エメラルド」の魅力

4月の新誕生石「モルガナイト」ってどんな宝石?

2024年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930