真珠を買い替えるタイミングはどんな時?

福島県会津若松市の宝飾専門店ジュエリーオースカです。

質の良いパールジュエリーをお探しなら当店にお任せください。

 

当店は、世界に誇れる純国産無調色アコヤ真珠のブランド「WAKANA(和奏)」をはじめ高品質なパールジュエリーを多数取り揃えております。

ご自分へのご褒美や愛用のジュエリーに、お嬢さまやお孫さまの成人や就職、結婚などのお祝い、また19歳や33歳の厄年の贈り物としても最適です。パールはそれぞれに美しい個性をもった宝石ですので、実際にご覧になってお気に入りの逸品を見つけていただければと思います。

 

テリの良い美しいパールを求めて、会津若松市や喜多方市はもちろん福島、郡山市や県内外からもご来店いただいております。

 

 

冠婚葬祭の必需品として出番の多いパールネックレス。

若い頃にご自身で購入したものやお祖母さまやお母さまからお譲りいただいた真珠をお持ちの方も多いと思います。真珠は、様々なシーンで生涯にわたってご使用いただけるジュエリーだからこそ、ご自身の年齢や体形に合ったものを身に着けたいものです。

 

お手持ちのパールネックレスの色が黄ばんできたと感じたり、サイズが少し物足りないなと感じたことはありませんか?

真珠を買い替えるタイミングは、それぞれいろんな事情があると思いますが、皆さんどんなタイミングで真珠の買い替えを行っているのでしょうか。

 

若い頃に購入したパールネックレスが似合わなくなってきた

 

真珠の買い替えで最も多いのが、年齢の変化に伴い今まで着けていたパールネックレスでは物足りなくなってきたからとの理由です。「珠のサイズが小さくて物足りなく感じる」「若い頃に購入したピンク系の真珠が可愛すぎて着けにくくなった」などの声をお聞きします。成人のお祝いやご結婚のタイミングでパールネックレスを購入したり贈られた方は多いです。

 

その後20年、30年と年齢を重ねると首筋にシワが出てきたり、肩回りががっしりするなど体形にも変化が出てくるのは自然なこと。

若い頃には調度良いと感じていたパールのサイズも、年齢によっては物足りないと感じるようにもなります。パールの珠のサイズが大きいと見た目のボリューム感も増して、ツヤのある輝きがデコルテを美しく華やかにしてくれます。さらに、加齢で気になってきた首回りを綺麗にカバーしてくれる嬉しい効果も。

 

ある程度の年齢を重ねていくと、ひと回り大きいサイズの真珠に買い替え、ご自身でお使いになっていた真珠はお嬢さまにお譲りになったり、リフォームしてデザインを変えて楽しんでいるお客さまも多いです。

 

 

お祖母さまやお母さまから譲り受けたジュエリーが古くなってきた

 

お祖母さまやお母さまから譲り受けたパールネックレス。ご家族の思い出の品をメンテナンスしながら大切に使われるのはとても素敵なことです。

真珠は珊瑚(さんご)や琥珀(こはく)と同じ有機物で、ダイヤモンドなどの鉱物ではなく、真珠層を持つ天然の貝から作られます。「生きた宝石」ともいわれる真珠は、どうしても年数による劣化は免れない場合があります。

 

真珠の品質や扱い方により劣化のスピードは変わってきますが、パールの珠が黄色く変色していると感じたら買い替えの目安です。パールネックレスはお顔周りに着けるため、色の変化が人目にもわかりやすいものです。お祖母さまやお母さまから譲り受けたパールを今後も大切にお使いになりたいというなら、例えば念珠にリフォームしてお道具としてお使いいただくのもおススメです。

 

 

冠婚葬祭に出る機会が増えた

 

40代以降になると冠婚葬祭の場に出る機会が徐々に増えてきます。お仕事をしている場合は、キャリアを重ねるとお取引先など目上の方とのお付き合いも出てくるでしょう。また、結婚をしていれば、一家を代表して親戚の方との付き合いも増えていきます。お子さまがいれば入学式や卒業式などのセレモニーに家族そろって出席する機会もあります。

 

白いパールは持っているけれど、周りを見ると同じくらいの年齢の方が黒いパールを着けているのを見て、そろそろご自身も黒いパールを用意したいとご相談に見える場合もあります。白いパールはアコヤ貝を母貝とするアコヤパールです。そのアコヤパールを染めて黒真珠というものもありますが、それは染め物になります。本物の黒蝶真珠は、黒蝶貝を母貝とする真珠のことをいいます。

 

パールは慶弔どちらのシーンでもお使いいただける唯一の宝石です。40代辺りからはアコヤパールに加えて黒蝶真珠もご用意しておくと安心です。

 

お嬢さまやお孫さまの挙式に出席する

お嬢さまやお孫さまのご結婚のお祝いにパールをプレゼントされるお客さまも多いです。パールは円を描くその形から「縁」を結ぶともいわれ、花嫁道具の一つとして用いられてきました。また、冠婚葬祭に身に着けるフォーマル用のジュエリーとして、嫁ぐお嬢さまが困らないようにとご両親が用意されることも多いです。

 

以前、お嬢さま用のパールをご用意する際に、お母さまも一緒にパールをお求めいただいたお客さまがいらっしゃいました。お話をお聞きすると「若い頃に購入したパールネックレスをずっと使っていたけれど、少しサイズが物足りないと感じてきていたんです。娘と一緒にパールを選ぶうちに、折角の娘のハレの日に私もきちんとした装いで出席したいと思ったんです」と嬉しそうに話してくださいました。

 

お嬢さまのお祝いの日に母娘そろって新しいパールを身に着けるのも素敵な思い出になりますね。

 

 

大切な人生の節目のお祝いに

還暦や退職の記念などの節目に新しい真珠をお求めになる方もいます。さまざまな経験を積んで内面からあふれる美しさに磨きがかかる年齢。それは品性や風格となって表れてくるものです。パールは色やサイズによって見た目の印象が変わります。若い頃には不釣り合いだと思っていた大粒の南洋真珠や黒蝶真珠がしっくりくるようになったとお話ししてくださるお客さまもいます。

 

黒蝶真珠はお悔みの席で使うというイメージもありますが、悲しみのときだけではなく華やかな場面でもお使いいただけます。全身真っ黒なコーディネートだとブラックフォーマルのような印象になってしまうものです。

 

白や淡いグレーのジャケット、明るい色合いのブラウスと合わせれば、凜とした大人の品格を与えてくれます。同窓会など久しぶりのご学友との再会シーンでも、若い頃とは違った魅力でおしゃれをすることができるでしょう。ご自身の内面を活かしてくれるパールがあれば、どんな場面でも自信をもって参加できます。

 

 

 

当店は、「テリ・マキ・キズ・色・サイズ・形」の6つの視点で厳選したパールジュエリーを多数取り扱っております。自然の贈り物パールの魅力を手にとってご覧いただければと思います。パールは、女性にとっては欠かせない大切なジュエリーです。大人の女性のたしなみとして人生を彩る素敵なジュエリーを身に着けていただければと思います。

お客さまの魅力を引き立てるコーディネートしやすいパールジュエリーをご提案してまいります。皆様のご要望をきちんとお聞きしながら、ご満足のいく真珠選びのサポートを致しますので安心してご相談ください。

 

 

【関連記事はこちら】

40代になったら、そろえておきたい黒蝶真珠の魅力とは?

真珠を購入するうえで最も大切なことは?

パールのネックレスや指輪をリフォームして活かす方法は?

パールネックレスのリフォーム例