家族で大切にしていきたい指輪


こちらは結婚指輪ご納品時の指輪交換(ファーストプットオン)動画です。

 

初めてお会いしたときは、奥様が妊娠7か月の時。
その間、お2人に宝物が誕生し、生後7か月になってご来店いただきました。

 

中学の先輩後輩とのことでしたが、奥様、しっかり者で、ちゃんとご主人をコントロールされていました(笑)

 

おふたりにとっての指輪の存在とは、「結婚を実感できるもの」

 

その価値観に見合う指輪を何種類も吟味し、たどりついたのは、COLANY(コラニー)の指輪。

 

メンズが<ヤマザクラ>、レディースが<さくら>の桜つながり。

 

がっちりと背が高く、男らしい大きな手に、シンプルながら流れるような桜の枝のラインを表現したフォルムと、余計なものを削ぎ落す洗練された存在感と機械磨きでは出せない人の感覚のみでしか表現できない質感が、まさにご主人にピッタリ。

レディースのダイヤを留める爪は、まるで桜の花びらのように見えるまで磨かれ、繊細なかわいらしさを表現し、リングの表情も桜の木の樹皮のよう。

自分達らしいこだわりで、プラチナ仕上げに、爪の部分のみ、桜の花びらのイメージでピンクゴールドに。

白く細い奥様の指に、これまたピッタリ。

 

奥様の、息子さん専用のインスタ、いつも楽しみに拝見しています♡

気軽に遊びに来て、”宝物”の成長を見守らせてくださいね。

 

桜のピンクの花は、人々を幸せな気分にします。

まるでニッコリと微笑みかけているよう。

幸せを温めながら、3人で笑顔溢れる毎日を送ってくださいね。

 

末永くお幸せに!

 

(会津若松市よりお越しの R様♡N様♡Rくん)