3月の誕生石アクアマリンの魅力

福島県会津若松市の宝飾専門店ジュエリーオースカです。

お誕生日や結婚記念日など特別な一日に、ご家族やご友人への祝福や感謝の気持ちを込めて贈るアニバーサリージュエリー。

見た目の美しさはもちろん、肌身離さず身に着けられるジュエリーは時を超えて輝き続ける特別な贈り物。

ジュエリーオースカは、「ジュエリーで記念日を祝おう」をキャッチフレーズに、生涯にわたるハッピープロデューサーとしてお客さま一人ひとりの大切な記念日をプロデュースいたします。
お客様の「幸せな物語」をつくるお手伝いはジュエリーオースカにお任せください。

会津若松市、喜多方市はもちろん、福島、郡山市や県内外からも多くの方にご来店いただいております。

 

3月の誕生石アクアマリンってどんな宝石?

 

3月を代表する誕生石アクアマリン。ラテン語で水「aqua(アクア)」と海「marine(マリン)」を表すネーミングの通り、海の水を連想させる透明感のある美しいブルーの輝きが人気の宝石です。

 

かつて海の精霊が持っていた宝物が浜辺に打ち上げられてアクアマリンになったという逸話や人魚の涙から誕生したなど数々のロマンチックな伝説が残っており、海との関わりが深い宝石として親しまれてきました。古代ローマ時代には、安全な航海と豊漁を願って船乗りがお守りとして身に着けていたといわれています。

 

和名で「藍玉(あいぎょく)」といい、淡いブルーの輝きが魅力的なアクアマリンですが、実はエメラルドやモルガナイトと同じ鉱物ベリル(緑柱石)の仲間です。ベリルは、鉱物の中に含まれる成分によって色が異なり、クロムやバナジウムを含むと緑色に、マンガンを含むとピンク色に、鉄を含むと青色に変化します。アクアマリンは、ベリルに含まれる鉄の量によって淡いブルーから濃いブルーまでさまざまな色相が現れるのが特徴です。透明度が高く、色が濃いものほど価値が高まります。

 

 

アクアマリンの産地は?

アクアマリンの主な産地には、ブラジル、マダガスカル、モザンピーク、タンザニアなどがあります。中でもブラジルのサンタマリア鉱山で採掘される深い青色のアクアマリンは「サンタマリア・アフリカーナ」と呼ばれ、その希少価値と美しい青色から、アクアマリンの最高峰として世界中の宝石愛好家から珍重されてきました。

 

しかし、サンタマリア鉱山は1990年代に閉山してしまったため、現在はマダガスカルやモザンピークで産出される色鮮やかで良質なアクアマリンのことを「サンタマリア・アフリカーナ」と総称しています。

 

 

アクアマリンの石言葉や宝石の意味合いは?

 

アクアマリンの石言葉には、「幸福に満ちる」「聡明」「富」などがあります。古くから航海や旅のお守りとして大切にされてきた歴史があり、持ち主に幸運や平和をもたらすパワーストーンとして親しまれています。アクアマリンの象徴ともいえる海の水は、生命力の源とされており、心身を清めて希望の力を与えてくれるといわれています。その清らかで透明感のある輝きが気持ちを穏やかにし、永遠の若さをもたらしてくれるといわれるアクアマリンは、アンチエイジングの石としても人気があります。

 

また、恋愛や結婚のお守りとしても効果があるといわれており、アクアマリンを身に着けて意中の人のことを思うとその思いが相手に届くとも伝えられています。日本では結婚4周年の記念石となっており、結婚祝いのプレゼントとしてもオススメです。

 

 

アクアマリンをコーディネートに取り入れるポイントは?

 

爽やかな清涼感のある輝きが3月の誕生石にぴったりなアクアマリン。春は、卒業や入学など新たな門出を迎える季節。アクアマリンの澄んだ輝きは、これから始まる新しい生活への希望や未来への不安を乗り越える勇気を与えてくれるでしょう。アクアマリンをコーディネートに取り入れるポイントを詳しくご紹介します。

 

透明感のある水色が特徴のアクアマリン。ブルーやグリーンなど同系色の装いと合わせるとまとまりのあるコーディネートに仕上がります。また、ピンクやレモンイエローなど優しい色合いと合わせることでジュエリーの存在感が際立ち、さりげない華やかさが演出できます。

 

アクアマリンの清潔感のある雰囲気は、デイリー使いにもぴったり。白いシャツやブラウスなどにもシンプルなデザインのネックレスやイヤリング(ピアス)がよく映えます。

 

フォーマルな場でゴージャスに装いたい場合には、ダイヤモンドなどをあしらった大振りなネックレスやリングなどのジュエリーを合わせると華やかで上品な印象になります。大振りのジュエリーが手元にない場合には、ダイヤモンドのネックレスやリングなどのジュエリーを重ね着けすることで、華やかな印象を与えることができるのでぜひお試しください。

 

アクアマリンのお手入れや保管方法は?

アクアマリンは、硬度7.5~8.0と比較的硬い宝石ですが、衝撃には弱いので落としたりぶつけたりしないように注意が必要です。また、汗に含まれる塩分にも弱いため、身につけたあとは汗を拭きとるなどこまめなケアを心がけましょう。

 

日常のお手入れとしては、 皮脂や汚れが付着した場合は、柔らかい布で拭き取ってください。汚れが目立ってきたら、ボールや洗面器に張ったぬるま湯に中性洗剤を数滴垂らし、柔らかいブラシを使って優しくこすり水で十分に洗い流してから乾かします。アクアマリンは超音波洗浄機で洗浄することもできますが、状態によっては割れやキズにつながる場合もあるので、事前に店頭でご相談のうえご使用ください。

 

アクアマリンは直射日光を避けて保管することも大切です。紫外線が当たるとアクアマリンに含まれる鉄が化学反応を起こし、色が退化する恐れがありますので、直射日光は避けてジュエリーボックスや専用のケースにしまって保管しておきましょう。

 

 

当店にはジュエリーコーディネーター、リモデルカウンセラー1級などの資格を持つ専門家が揃っています。皆様の疑問や不安に思うこともきちんとお聞きし、誠意をもって対応してまいりますのでご安心ください。お客さまお一人おひとりの人生を豊かにするハッピープロデューサーとしてお客さまに笑顔になっていただけるジュエリーをご提案してまいります。

 

 

【関連記事はこちら】

3月誕生石の珊瑚(コーラル)の魅力

3月の新誕生石アイオライトってどんな宝石?

3月の新誕生石ブラッドストーンってどんな宝石?

新しい誕生石でお守りジュエリーを作りませんか?

2月の新誕生石クリソベリルキャッツアイって?

2月の誕生石アメシスト(アメジスト)の魅力

1月の誕生石ガーネットの魅力

12月の誕生石ラピスラズリの魅力

12月の誕生石ターコイズの魅力

12月の新誕生石ジルコンってどんな宝石?

12月の新誕生石タンザナイトってどんな宝石?

11月の誕生石シトリンの魅力

11月の誕生石トパーズの魅力

10月の誕生石オパールの魅力

10月の誕生石トルマリンの魅力

 

2024年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930